今朝のLINKED通信〈2020年10月2日号〉

「新型コロナかも?」直接、かかりつけ医に相談できる体制へ。

2020.10.021,077 views

今朝のちょっと深読み

「新型コロナかも?」直接、かかりつけ医に相談できる体制へ。

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症が疑われた場合の相談体制を見直すことを発表。

10月中をめどに、身近なかかりつけ医に直接、電話相談できる体制が整えられる見通しです。

これまでは保健所に電話していましたが…

発熱、倦怠感など新型コロナが疑われる場合、これまでは保健所の帰国者・接触者相談センターに電話。

そこから、一部の病院で開設されている帰国者・接触者外来などを受診し、必要な場合には検査が受けられる流れでした。

これからはかかりつけ医に電話相談。

しかし、この秋は季節性インフルエンザと新型コロナの同時流行が予測され、両者に適切に対応することが求められます。

そこでこれからは、帰国者・接触者相談センターを介することなく、かかりつけ医など身近な医療機関に電話相談。

必要に応じて、その医療機関、もしくは地域の検査センターなどで検査が受けられるようになります。なお、相談する医療機関に迷う場合は、保健所の受診・相談センター(仮称)に電話できます。

ただし、地域のすべての医療機関が相談を受けつけているわけではありません。

万一の場合に備えて、かかりつけ医は対応してくれるのか、どの医療機関であれば対応してくれるのか、あらかじめ確認しておくと安心です。

■詳しくは厚生労働省「発熱等の症状のある方の相談・受診の流れ」へ。

今週のNEWS

 

NEW〈西尾市民病院〉新人対談企画

三年目を迎えた専攻医(整形外科) × 新人看護師のお二人。
これまでとの変化を今の状況と合わせて対談しています。

詳しくはこちら>>西尾市民病院〈発〉 新人対談企画

 

 

〈西尾市民病院〉動脈硬化の検査

虚血性心臓病に繋がる動脈硬化。精度の高いCT検査、心臓ドックでリスクに対応します。

詳しくはこちら>>西尾市民病院〈発〉 検査・診断のおはなし

 

 

〈西尾市民病院〉大動脈弁狭窄症

大動脈弁狭窄症は心臓弁膜症の一つ。
大動脈弁の開きが悪くなり血液が流れにくくなる病気で、高齢者に多い病気です。

詳しくはこちら>>西尾市民病院〈発〉 病気のおはなし

 

 

〈西尾市民病院〉生活圏の中で心臓病の治療を完結させる。

優秀な循環器内科医が安城更生病院から赴任。
専門医5名体制で、西尾市民の心臓を守る。

詳しくはこちら>>西尾市民病院〈発〉 病院を知ろう

 

 

今週の見逃しNEWS

〈ヨナハ総合病院〉YouTubeチャンネルを開設

リハビリや筋トレを自宅で。YouTubeチャンネルを開設しました。

詳しくはこちら>>ヨナハ総合病院〈発〉 YouTubeチャンネル

 

 

「くらそっとねっと」OPEN!

(株)NFUが運営する「くらそっとねっと」では、福祉用具を選ぶ手間・運ぶ手間を、10,000点以上の品揃えと、福祉用具の専門知識をもつ福祉用具専門相談員がサポートします。

詳しくはこちら>>「くらそっとねっと」OPEN!

先週のLINKED通信

9月23日(水)号

9月24日(木)号

9月25日(金)号

掲載準備中

 

ほっと一息、コロナの休息

『初めての経験「対話型鑑賞会その2」。写真を撮らないと旅行も美術も「見たこと」にならないカメラマンの悲しい性。窓への映り込みも作品の一部、、、だというお話。

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>