中日新聞LINKED〈発〉

新型コロナ、ワクチンの仕組みは?

2020.09.041,855 views

今朝のちょっと深読み/新型コロナ、ワクチンの仕組みは?

安倍晋三首相は8月28日の対策本部で、新型コロナウイルス対策の新たな取り組み方針を表明。
そのなかで、2021年前半までに国民全員分のワクチンを確保すると述べました。

では、現在のワクチンの開発状況はどうなっているのでしょうか。
新型コロナウイルス感染症対策分科会の資料をもとに見ていきましょう。

開発が進められているワクチンは2種類。

ワクチンは、病原体やウイルス、そしてウイルスの遺伝情報を使ってつくられます。現在、新型コロナウイルス感染症のワクチンとして開発が進められているのは、2種類あります。

一つは、従来の製法で、「ウイルスやウイルスのタンパクを注射」するもの。
注射したウイルスやタンパクに対して免疫がつくられます。

もう一つは、新しい製法で、「ウイルスの遺伝情報を注射」するもの。
ウイルスの遺伝情報(タンパクの設計図)が人の細胞に入り、 ウイルスのタンパクをつくり、 それに対して免疫ができます。

遺伝子ワクチンへの期待。

従来の製法は実績がありますが、開発まで時間がかかるというデメリットがあります。

それに比べ、遺伝情報を使う「遺伝子ワクチン」はスピーディに開発できることから大いに期待されています。
しかし、実用化の実績に乏しいため、免疫がつきにくい可能性もあります。

現在、新型コロナワクチンの臨床試験が世界的に進行しています。早期の開発が望まれますが、ワクチンの有効性・安全性をしっかり評価してほしいものです。

■詳しくは、「令和2年8月21日新型コロナウイルス感染症対策分科会資料3」へ

今週の新着情報

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年9月3日号〉

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年9月2日号〉

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年9月1日号〉

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年8月31日号〉

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信おまとめ版!〈2020年8月31日号〉 

 

見逃し配信情報

 

「感染対策ネットワーク」って何?

地域の医療機関は専門チームを設置し、ネットワークを形成しながら、感染対策に取り組んでいます。

詳しくはこちら>>【地域医療の豆知識】感染対策ネットワーク

糖尿病のおはなし

糖尿病は、進行すると重篤な合併症を引き起こします。

最も大切なのは、生活習慣の改善。
さまざまなツールや機器を活用し、合併症を予防しましょう。

詳しくはこちら>>西尾市民病院〈発〉 病気のおはなし

 

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『続:今日は一体何する人ぞ!?

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

中日病院

守るべきものがある人たちの、
がんのリスクを摘み取る。

早期にがんを見つけること。
それは、働き盛りの人たちの
何気ない日常を守ること。
詳しくはこちら>>LINKED Plus

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

  • アバター 久野美恵子 より:

    「コロナ対策」を教えてください。

  • >