西尾市民病院〈発〉

【こんな言葉知っていますか?】感染対策ネットワーク

地域医療の豆知識

2020.07.17177 views

地域の医療機関が専門チームを設置し、ネットワークを形成しながら、感染対策に取り組んでいます。

感染症から地域を守るには、私たち医療機関が院内感染対策を徹底し、連携しながら感染対策に取り組むことが重要です。
現在、病院を中心とした多くの医療機関では、院内に「感染対策の専門チーム」を設け、院内感染対策に向けた仕組み作りや職員教育・指導、情報収集などに取り組んでいます。またそれらの医療機関は、単独での活動だけでなく、地域のなかで「感染対策ネットワーク」を形成。定期的に情報交換を行ったり、体制の充実した医療機関が他の医療機関を支援したりしながら、院内感染を起こさない、拡げないために活動しているのです。そして、このような医療機関の取り組みは「感染防止対策加算」という形で、国の制度上も評価されています。
最近では、こうした医療機関同士のネットワークに加え、高齢者施設や、薬局、行政などが一体になった、感染対策の地域ネットワーク作りも模索されています。但し、新型コロナウイルス対策然り、感染対策には施設や機関の取り組みだけでなく、一人ひとりの意識・行動が大切です。皆さんも普段から感染対策を心がけるようにしていただければと思います。

西尾市民病院では

感染対策の中核施設として、西尾市を中心としたエリアを支えています。

感染防止対策加算1(※)を算定する当院は、西尾市を中心とした地域における感染対策の中核機能を担う病院です。院内には多職種から成る「院内感染対策チーム」を設置し、近隣の医療機関・施設と連携しながら、地域全体の感染対策力向上をめざして活動しています。
最近は、主に新型コロナウイルスの感染拡大防止に取り組んでおり、院内感染対策はもちろん、地域の医療機関などから寄せられる「物品不足時の対応法」や「感染防止に向けた環境整備の仕方」といった相談に対し、感染管理認定看護師を中心にアドバイスを行っています。
現在、感染は落ちつきを見せていますが、新型コロナウイルスへの対応は長期化が予想されます。当院の感染対策の水準は、地域の感染対策の水準に直結するもの。今後も、気を緩めず、感染対策に力を入れていきたいと思います。

※感染防止対策加算には1と2があり、より充実した体制の医療機関が「加算1」を、それに次ぐ医療機関が「加算2」を算定可能。

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア
  • 西尾市民病院
    西尾市民病院
    西尾市民病院は、6市で構成される西三河南部西医療圏の最南部に位置する西尾市の中核病院です。二次救急病院として年間約4000件の救急搬送患者を受け入れています。急性期病棟と地域包括ケア病棟を有し、集中的な医学的管理が必要な急性期治療を担うとともに、急性期後すぐには在宅や施設へ移行することが困難な患者さんの在宅復帰を支援しています。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>