中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

コロナ禍でも検査を受けよう⑭腹部超音波検査で何がわかる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍でも検査を受けよう。
14回目は、腹部超音波検査について。
健康診断で受ける腹部超音波検査では、どんなことがわかるのか、知っておきましょう。

続きを読む閉じる

腹部超音波検査とは?

腹部超音波検査は、腹部に超音波を発する装置(グローブ)をあてて超音波を発信し、臓器や組織からの反射波を受け取って画像にする検査です。

画像では、正常な組織とは異なる腫瘍、ポリープ、炎症、結石などの有無、腫瘍の大きさや深さなどを調べられます。

なお、検査の前に、ひやっとするゼリーをお腹に塗りますが、これは超音波の伝わりを良くするためのものです。

健康診断ではどの部位を調べるの?

健康診断で調べるのは、肝臓、膵臓、脾臓、腎臓、胆のう・胆管など。

これらの臓器に異常がないかどうか、病気のスクリーニング(ふるい分け)検査が行われます。

なお、奥深い場所にある膵臓などは超音波が入りにくく、見えにくくなります。

また、超音波は空気を通りにくいため、空気を多く含む胃や大腸、肺などを詳しく調べることはできません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
腹部超音波検査で見つかる病気の種類は、多岐に及びます。

病気が見つかった場合は、消化器内科、泌尿器科などそれぞれの臓器に応じた診療科を受診し、さらに詳しい検査を受けるようにしましょう。

※参考サイト
■日本人間ドック学会「腹部超音波

閉じる

Beyongコロナキャンペーンーコロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。ー

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>