中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

脇汗の悩み、あきらめないで。保険適用の治療薬も。

夏になると、薄着になることも増え、汗の悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。
今回は、脇汗の悩みについて考えてみたいと思います。

続きを読む閉じる

過剰な汗は、「多汗症」の可能性。

汗の主な役割は体温調節。気温や運動で体温が高くなると、汗腺から分泌され、皮膚の上で蒸発する際に熱を奪って体の表面を冷やします。

しかし、明らかな原因がないのに、日常生活で困るほど汗の量が多くなると、「多汗症」の疑いがあります。

多汗症には、脇や手のひら、顔など、体の一部だけの多汗症と、全身の多汗症があります。

脇の下の多汗症に有効な新しい治療薬が登場。

脇の下の多汗症になると、シャツの脇の部分に汗ジミができて人目が気になるもの。

悩み多き脇汗ですが、新しい保険適用の治療薬も登場しています。

二つの薬を紹介します。

●塗り薬「エクロック」科研製薬
多汗症の汗は、発汗を促す神経伝達物質アセチルコリンが汗腺の受容体を刺激するのが原因。
ジェル状の薬の有効成分が汗腺の受容体と結びついて固まり、アセチルコリンとの結合を防ぐ仕組みです。

●シートタイプの薬「ラピフォート」マルホ
1日1回、不織布1枚を袋から出して使うシートタイプシートを介して薬液を塗布することで、発汗に関わる神経伝達物質アセチルコリンのムスカリン受容体への結合を阻害し、汗の産生を抑制します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
多汗症に対しては、このほかにもいろいろな塗り薬や注射薬、手術などの治療法があります。

大量の汗に悩んでいる方は、まずは専門医を受診しましょう。

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>