中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

サル痘は4類、新型コロナは2類相当、この違いは?

最近、耳にするようになった「サル痘」は、
感染症法では4類に分類されています。
新型コロナウイルスとはどのように違うのか、見てみましょう。

続きを読む閉じる

そもそも感染症とは?改めておさらい。

感染症法は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」の略称。

感染症患者が発生した場合の対応について定めた法律で、「指定感染症」と1~5類までに分類され、それぞれの感染症対策が定められています。

最も危険度が高い1類にはエボラ出血熱やペスト、2類には結核やSARS、3類にはコレラや細菌性赤痢、4類には狂犬病やデング熱、5類にはインフルエンザや梅毒などが含まれます。

感染症で分類された2類と4類の違いは?

新型コロナウイルス感染症は、指定感染症(2類感染症相当)に定められています。

2類感染症相当なので厳しい措置が取られ、入院勧告や就業制限、速やかな発生届け出などが行われています。

これに比べ、サル痘が分類されている4類では、感染者に入院を勧告するなどの強い措置は取れません。

4類では汚染された場所の消毒や、ネズミ、昆虫の駆除ができ、診断した医師はすべての患者報告を保健所に届け出ることが義務づけられています。

ちなみに、4類と5類は危険度ではなく、媒介する動物や虫がいるのが4類、そうでないのが5類とわけられています。

こうしたことから見ても、サル痘は病気の危険度は低いと考えて良さそうですね。

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>