中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

曇りや雨の日こそ熱中症にご用心。

6月は、本格的な梅雨のシーズン。
ジメジメした日が多くなりそうです。
こうした時期は、熱中症にかかりやすいといいます。

続きを読む閉じる

梅雨前や梅雨時は、熱中症のリスクが増加。

熱中症予防について研究している専門家によると、「曇りや雨の日は、日光の照り返しはなくても温度や湿度が高いため、体が暑さにまだ慣れていないこの時期は熱中症になりやすい」といいます。

気温が低くても湿度が高い日は、熱中症に十分、注意することが必要です。

コロナ禍だから、さらに熱中症に注意が必要。

湿度の高さだけでなく、長引くコロナ禍で、熱中症になりやすい人も増えています。

コロナ以前は比較的運動していた人も、家の中にいたり、運動をしなくなって、暑さに慣れる期間が少なく、それだけでも熱中症になりやすくなっているそうです。

また、マスクの着用にも注意が必要。のどの渇きが感じづらくなるため十分な水分補給を行わず、熱中症のリスクを招くおそれがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
熱中症予防のためにも、屋外などではマスクを外すよう心がけましょう。

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>