中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

夏の感染症対策①「手足口病」はどんな病気?

新型コロナウイルス感染症は落ち着いてきましたが、
夏は、ほかの感染症が流行する季節。
この夏、用心したい感染症についておさらいしておきましょう。

続きを読む閉じる

手足口病の特徴は?

手足口病は、夏になると子どもを中心に広がる感染症です。

感染経路は飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染)。

乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などで発生しやすい特徴があります。

手足口病の症状は?

口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹がでます。

発熱の症状もみられますが、あまり高くならないことがほとんどです。

手足口病の大半は数日間で治りますが、まれに髄膜炎、小脳失調症、脳炎など、さまざまな病気を引き起こすことがあります。

手足口病の感染対策は?

接触感染を予防するために、手洗いをしっかりすること。

そして、排泄物の適切な処理も重要です。

また、治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されるので、用便やおむつ交換の後も、しっかり手洗いをするようにしましょう。

■詳しくは、厚生労働省『手足口病に関するQ&A』へ

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>