中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

コロナ禍でも検査を受けよう④脂質代謝の検査で調べる数値とは?

コロナ禍でも検査を受けよう。
4回目は、脂質代謝の検査について。
脂質異常症かどうかは、空腹時の血液検査により、
血液の血清に含まれるコレステロールや中性脂肪の量を調べます。

続きを読む閉じる

悪玉コレステロールと善玉コレステロールとは?

脂質代謝の検査で重要なのは、コレステロールの値。

そもそもコレステロールは脂質の一種で、細胞膜の主成分、ステロイドホルモンの材料、胆汁の原料となるものです。

コレステロールには、LDLとHDLがあります。

LDLは、主に肝臓でつくられたコレステロールを全身に運ぶ役割を担っています。

でも、LDLが多過ぎると血管壁にコレステロールが溜まってしまうので「悪玉」と呼ばれています。
​​
一方のHDLは、余分なコレステロールを回収して肝臓に戻す役割を果たすため、「善玉」と呼ばれています。

中性脂肪も重要なポイント。

脂質代謝の検査では、血液中の中性脂肪の値も調べます。

中性脂肪は体内でエネルギー源の役割を果たしますが、余ると脂肪組織に蓄えられます。

中性脂肪値が高いと、急性膵炎や脂肪肝を起こしやすく、動脈硬化の危険因子になります。

脂質異常症と診断される基準は?

健康診断で脂質異常症と言われるのは、以下の数値です。

●LDLコレステロール値:140mg/dL以上(高LDLコレステロール血症)

●HDLコレステロール値: 40mg/dL未満(低HDLコレステロール血症)

●中性脂肪値: 150mg/dL以上(高中性脂肪血症)

これらの数値に該当する場合、動脈硬化の進展の疑いがあります。

まずは内科を受診して、これからの治療について検討していくことになります。

■詳しくは、血管健康くらぶ『3分でわかるコレステロールとは?』へ

■詳しくは、日本動脈硬化学会『健康診断で異常を言われたら?』へ

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>