中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

動けない、働けない。コロナ後遺症と神経免疫疾患。

新型コロナウイルスに感染し、回復した後も、長く後遺症で苦しむ人々がいます。
今回は、コロナ後遺症の一つとして注目される、神経免疫疾患についてお話しします。

続きを読む閉じる

ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)という病気。

新型コロナに感染した人のなかで、治療後もずっと強い倦怠感に苦しむ人がいます。

その症状は、ウイルス感染を契機として発症する神経免疫疾患「ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)」である可能性があるそうです。

この病気は脳と中枢神経に影響を及ぼす複雑な慢性疾患。

発症すると、仕事や学校に行けなくなり、寝たきりになることもあるといいます。

国立精神・神経医療研究センター病院ではすでに約50名が、コロナ関連のME/CFSと診断されています。

新型コロナの治療後、仕事や学校に戻れない人も。

NPO法人筋痛性脳脊髄炎の会が2021年、コロナ感染後にME/CFS様の症状が続く人を対象にWEBアンケート調査(回答者141名)を実施したところ、「仕事や学校に戻ることができない」人が73.8%、「身の回りのことができない」人が32.6%、「寝たきりに近い」人が25.5%という深刻な実態が浮き彫りになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オミクロン株の流行に伴い、今後、さらに多くの人が感染する可能性があります。

コロナ後遺症についても正しい知識をおさえておきたいですね。

■詳しくは、MRIC by 医療ガバナンス学会メールマガジン『“コロナ後遺症”外来担当医に知っていただきたいこと(2022年1月4日)』へ

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>