中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

心房細動は早期発見と治療が大切。

コロナ禍が落ち着いている今こそ、用心したい心房細動。
気になる人は、脳梗塞を防ぐためにきちんと受診して、検査を受けるようにしましょう。

続きを読む閉じる

60歳を過ぎたら定期的な健康診断を。

心房細動には動悸や息切れなどの症状で気づく場合もありますが、ほとんどは自覚症状がありません。

そのため、60歳を過ぎたら定期的に健康診断を受けて、心房細動をはじめとする心臓の病気の有無をチェックすることが大切です。

基本的な治療は薬物療法。

心房細動が疑われる場合、心電図検査や心エコー検査をして診断します。

基本的な治療法は薬物療法です。治療薬には大きく分けて、血液が固まるのを防ぐ「抗凝固薬」と、不整脈を軽減する「抗不整脈薬」があります。

根本的に治すならカテーテル治療を。

心房細動を根本的に治す治療法として、現在は「カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)」が確立されています。
これは、カテーテルという細い管を太ももの付け根から血管を通じて心臓に挿入し、不整脈を起こす原因となっている異常な電気興奮の発生箇所を焼灼(しょうしゃく:焼くこと)する治療法です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
心房細動に興味のある方は、WEBセミナーで専門医の話を聞いてみませんか。

■詳しくは、岐阜県総合医療センターWEBマガジン『「心房細動」を治療して脳梗塞を防ごう』へ

■心臓弁膜症のWEBセミナーのお申し込みは『【締切間近!】心房細動を治療して脳梗塞を防ごう!』へ

■他のWEBセミナーにもご興味のある方は『一般公開WEBセミナー一覧』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>