中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

コロナ禍でも心房細動を見逃さないために。

心臓病などの基礎疾患があると、新型コロナウイルスに感染した場合、重症化のリスクが高いと言われています。
コロナ禍が落ち着いている今のうちに、心臓の機能をチェックしておきたいですね。
今回は心房細動について確認しましょう。

続きを読む閉じる

心房細動は不整脈の一つ。

心房細動は、心臓の拍動リズムが不規則になる不整脈の一つ。

心臓の中の4つの部屋のうち、上側の二つ(左心房、右心房)が痙攣したように小刻みに震え、心臓から血液を正しく送り出すことができなくなります。

心房細動は脳梗塞の原因に。

心房細動そのものは命に別状はありません。ただ、心房細動は、脳の血管を詰まらせる脳梗塞を引き起こすリスクがあり、注意が必要です。

心房細動が起こると、心房内から血液がうまく送り出されなくなり、血液の流れが滞り、血栓(血の塊)ができやすくなります。
その血栓が血流にのって脳まで運ばれ、脳の血管を詰まらせます。

胸の痛みや苦しみなどに要注意。

心房細動の症状には、脈の乱れ、胸の痛み・苦しさ、動悸、息苦しさ、運動時の疲労感、めまいなどがあります。

しかし、その症状に慣れてしまったり、自覚症状がない場合もあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
心房細動に興味のある方は、WEBセミナーで専門医の話を聞いてみませんか。

■詳しくは、岐阜県総合医療センターWEBマガジン『心臓の異変「心房細動」を見逃さないで。』へ

■心房細動のWEBセミナーのお申し込みは『【締切間近!】心房細動を治療して脳梗塞を防ごう!』へ

■他のWEBセミナーにもご興味のある方は『一般公開WEBセミナー一覧』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>