中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

コロナ禍で見落とされがちな心臓弁膜症とは。

新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いている今こそ、平常の健康管理を取り戻したいものですね。
今回から6回シリーズで、心臓の病気について情報を共有していきたいと思います。
1回目は、心臓弁膜症です。

続きを読む閉じる

心臓弁膜症とはどんな病気?

心臓弁膜症は、心臓にある4つの弁のどれかに障害が起き、本来の役割を果たせなくなる病気です。

具体的には、弁の開きが悪くなって血液の流れが妨げられる「狭窄」と、弁の閉じ方が不完全なために、血流が逆流してしまう「閉鎖不全」があります。

外出控えが続き、心臓の異変に気づきにくくなっている。

心臓弁膜症の症状は、「息切れがする・胸が痛い・ドキドキする」など。これらの症状があれば、病気の疑いがあります。

ただし、昨今はコロナ禍の影響で、外出を控え、日常生活の運動量が減っている人が増えています。体を動かさないため、心臓の異変を自覚しにくくなっている恐れがあります。

高齢化とともに増えている心臓弁膜症。

また、「息切れするのは年齢のせいだから」と思い込んでいる心配もあります。

とくに近年は、加齢に伴う心臓の弁の変性や石灰化から心臓弁膜症になる高齢者が増えています。

そのため、「年齢のせいだと思っていたら、実は心臓弁膜症だった」というケースも見られるようになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
心臓弁膜症に興味のある方は、WEBセミナーで専門医の話を聞いてみませんか。

■詳しくは、岐阜県総合医療センターWEBマガジン『シニア・高齢者に多い心臓弁膜症。』へ

■心臓弁膜症のWEBセミナーのお申し込みは『【締切間近!】シニア・高齢者は要注意! 心臓弁膜症』へ

■他のWEBセミナーにもご興味のある方は『一般公開WEBセミナー一覧』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>