中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

下水から新型コロナの感染予測!?

「必ず来る」とも言われる、新型コロナウイルス感染症の第6波。
それは一体いつなのか、予測のヒントになりそうな新しい取り組みが始まりました。

続きを読む閉じる

各家庭などから出る下水を調べる。

新型コロナ感染者の排せつ物には、ウイルスが含まれると見られています。

そこで、東北大学大学院工学研究科の佐野大輔教授の研究グループは、下水から検出される新型コロナウイルスと感染者数の関係に注目。

去年8月から調査を進め、新規感染者の発表が急増する1週間ほど前に、下水での陽性率が高まることを確認しました。

感染者数の増減を予測できれば、感染対策に役立てることができます。そこで、東北大学と仙台市などが連携し、感染予測の取り組みを始めました。

予測される感染者数は、毎週月曜日に発表。

まず仙台市内の下水処理場で定期的に下水のサンプルを採って、PCR検査を行います。

そして、陽性と確認された割合をもとに、向こう1週間の新規感染者数をAI(人工知能)で予測。

予測の結果は、毎週月曜日にホームページ「下水中ノロウイルス濃度情報発信サイト」の「COVID-19流行予測」で公開されています。

これは仙台市限定で行われる取り組みですが、日本全体の感染予測を知る上でもヒントになりそうです。
こまめにホームページをチェックしていきたいですね。

■詳しくは、YAHOO!ニュース『下水のウイルスから感染者数予測 東北大、メールで注意喚起(2021年11月13日)』へ

■詳しくは、東北大学・山形大学・仙台市・(株)日水コンの共同運営『下水中ノロウイルス濃度情報発信サイト』へ

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>