今朝のLINKED通信〈2021年1月27日号〉

「7秒うがい」で新型コロナウイルス撃退。

2021.01.271,447 views

今朝のLINKED通信

「7秒うがい」で新型コロナウイルス撃退。

主要都市に緊急事態宣言が発令されていますが、新型コロナウイルスの感染拡大は一向に収束に向かう気配がありません。
感染予防のために、できることは全部トライしたいですね。今回は、口腔衛生についてお話しします。

続きを読む閉じる

口の中のばい菌を減らして、重症化を防ぐ。

口の中にばい菌が多い人ほど感染症にかかりやすくなり、重症化しやすいことは、多くの研究でわかっています。

とくに新型コロナウイルスは、上気道(のど、鼻、咽頭など)だけではなく、歯ぐきや舌、唾液腺といった口の中からも体内に侵入します。

そこで重要になるのが、正しいうがい。歯科医師の照山裕子先生が提唱するのが、独自の口腔衛生メソッド「7秒うがい」です。

帰宅したら、手洗いとともに「7秒うがい」を。

7秒うがいの基本的な方法は次の通りです。

①水を口に含む。水の量はおちょこ一杯分くらい。
「ちょっと少ないかな」くらいがちょうどいい。
水の量が多いと、口の中で水流がつくれなくなる。

②7秒間、全力でブクブクうがい。「ブクブク」としっかり音が出るように。
口の奥から唇に向かって水を押し当てる。目標は7秒間で10往復。口がつかれたなら、しっかりできている証拠。

③水を吐き出して、また水を口に含む。
口の中のばい菌が水に混じっているから、そのままゴロゴロうがいをしてはダメ!

④天井を見ながら、7秒間ゴロゴロうがい。
「ゴロゴロ」としっかり音が出るように。むせない程度に喉の奥まで水を入れる。

いかがですか。
こんなに時間のかからないメソッドなら、毎日続けられそうですね。早速今日から始めてみませんか。

■詳しくは、PRSIDENTオンライン「歯科医が断言、新型コロナが重症化する人としない人は「口の中」が違う」へ

■詳しくは、照山裕子先生の著書「7秒うがい〜歯科医が考案した新習慣! 免疫力を高めてウイルスを遠ざける」へ

閉じる

NEWS

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>