今朝のLINKED通信〈2020年12月22日号〉

ほとんどの人が新型コロナに感染する可能性!?

2020.12.22512 views

今朝のLINKED通信

ほとんどの人が新型コロナに感染する可能性!?

新型コロナウイルス感染症の広がりを把握する指標に「抗体」があります。
抗体とは、ウイルスに感染した人の体内で作られるタンパク質のこと。
抗体を保有していると、ある程度の期間は再感染を防ぐことができます。
この抗体を持つ人が増え、国民の抗体保有率が6割を超えると、集団免疫を獲得し、流行は収束に向かうと考えられています。

続きを読む閉じる

1万人規模の抗体検査で抗体保有率はわずか0.15%。

神戸大学大学院医学研究科の森 康子教授の研究グループは、2020年8月6日から10月1日に、兵庫県内の5病院、1施設から提供を受けた10,377人の血清中における新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗体の有無を多角的に解析。
中和抗体(ウイルスの細胞への侵入を阻害する役割をもち、再感染を防ぐ抗体)の保有率がわずか0.15%だったと発表しました。

ほとんどの人はまだ感染していない。

今回の結果から明らかになったのは、兵庫県に在住するほとんどの人は、2020年10月初め時点では新型コロナウイルスに対する抗体を持っていなかったという事実です。

この傾向は兵庫県だけでなく、おそらく全国にも当てはまるでしょう。すなわち日本国民の大半は、今後新型コロナウイルスに感染する可能性があるのです。

第3波が猛威を振るうなか、これからも徹底して感染予防に努めていかなくてはなりませんね。

■詳しくは、「神戸大学「兵庫県における新型コロナウイルス大規模血清疫学調査」 (2020年12月17日)」へ

閉じる

NEWS

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>