今朝のLINKED通信〈2020年12月14日号〉

PCR検査が2,900円(税別)。さらに、1,980円(税込)〜も登場。

2020.12.141,334 views

今朝のLINKED通信

PCR検査が2,900円(税別)。さらに、1,980円(税込)〜も登場。

行政のPCR検査体制の拡充がなかなか進まないなか、民間企業がリーズナブルな検査センターを続々とオープンさせています。

続きを読む閉じる

東京・新橋駅前に、2,900円(税別)の新型コロナPCR検査センターが誕生。

まず、2020年12月4日に、東京・新橋駅前にオープンしたのは、(株)木下グループの子会社、(株)新型コロナ検査センター。

完全予約制で、店舗にて唾液を採取(所要時間:3分前後)した後、翌日に検査報告書を本人に通知してくれる仕組みです。

店舗と併せて配送・集配式による企業団体の検査も行い、2021年1月には、合計で1日2万件の検査実施をめざすということです。

東京駅では、1,980 円(税込)で検査できるPCR検査センターがオープン。

つづいて12月10日、(株)ダナフォーム の子会社、(株)スマートアンプステーション ダナフォームが、東京駅八重洲南口近くに新型コロナウイルスの検査を行う『SmartAmp Station“駅前検査”』をオープンしました。

こちらは1検査 1,980 円(税込)〜! 最短2時間半で検査結果がわかるそうです。

さらに、郵送採取も2,200 円(税込)で受け付けていて、12 月 14 日より検査キットを発送。結果は検体到着後、翌日に通知される仕組みだということです。
※『SmartAmp Station“駅前検査”』はアクセス集中により、申し込み受付は停止されています(12月11日現在)。

このように、PCR検査を身近に受けられる場所が増えれば、無症状の陽性者をいち早く隔離して、感染の拡大を食い止めることができます。

主要都市を中止に、さらに検査センターが拡充されるよう期待したいですね。

■詳しくは、「株式会社木下グループのプレスリリース (2020年12月2日)」へ

■詳しくは、「株式会社ダナフォームのプレスリリース(2020年12月9日)」へ

閉じる

NEWS

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>