今朝のLINKED通信〈2020年12月7日号〉

新型コロナから回復、6カ月後も再感染しにくい。

2020.12.07692 views

今朝のLINKED通信

新型コロナから回復、6カ月後も再感染しにくい。

海外の研究報告で、新型コロナウイルス感染の回復者の免疫は、数カ月後に急速に減少する可能性が指摘されてきました。
その不安を払拭するような、明るい研究報告が横浜市立大学から発表されました。

続きを読む閉じる

回復者のほとんどが6カ月後も抗体を保有。

横浜市立大の研究グループは、新型コロナに感染し、回復した376人からそれぞれ6カ月後の血液検体を採取。

感染後に体内にできる抗体の中に、ウイルスの細胞への侵入をブロックする「中和抗体」が含まれているかを調べました。

その結果、回復した人の98%が6カ月後に再感染を防ぐ役割をする「中和抗体」を保有していることが明らかになりました。

重症者ほど中和抗体の強さが大きい。

さらに、症状別に細かく分析したところ、重症・中等症の人ほど中和抗体の強さが大きいことが分かったということです。

日本国内で数百人規模の回復者の追跡調査をしたのは初めてのこと。

一度感染すれば、半年間は再感染しにくい、ということは、世界中で開発されているワクチン開発にある程度期待がもてることが示されました。

今回は6カ月後の結果でしたが、1年後、2年後も抗体を保有し続けることはできるのでしょうか。

横浜市立大学の今後の追跡調査に注目していきたいものです。

■詳しくは、「横浜市立大学プレスリリース」へ

閉じる

NEWS

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>