今朝のLINKED通信〈2020年12月8日号〉

新型コロナ予防、正しい入浴法で免疫力アップ。

2020.12.082,055 views

今朝のLINKED通信

新型コロナ予防、正しい入浴法で免疫力アップ。

免疫力を上げると考えられる生活習慣の一つが入浴です。
入浴すると、血流が良くなり、免疫細胞が体内を効率よく循環するようになります。
また、体温上昇そのもので免疫細胞が活性化されます。では、どんな入浴法がいいのでしょうか。
リンナイ株式会社の紹介記事をここに共有したいと思います。
12項目ありますので、いくつ当てはまるかチェックしてみてください。

続きを読む閉じる

免疫が上がりやすい入浴方法

(入浴科学者早坂信哉先生監修:リンナイより)

1.入浴前、入浴後にそれぞれコップ1杯以上の水分を飲んでいる 。
      入浴前後で水分補給すると血流がより良くなります。

2.湯温は41℃までにしている。
  熱すぎる湯に浸かると、身体にストレスがかかります。

3.汗が出るまで浴槽に浸かる。
  汗が出れば十分に体温が上がったサインです。

4.湯上りはクーラーや扇風機に当たらない。
  湯上りに身体を冷やすと、入浴の温熱効果がリセットされてしまいます。

5.寝る1〜2時間前に入浴している。
  寝る1〜2時間前の入浴は、質の良い睡眠につながります。

6.入浴剤を使っている。
  入浴剤は、入浴の温熱効果を高めます。

7.入浴中はスマホを持ちこまないようにしている。
  スマホを持ちこむと、着信などが気になりリラックスできません。

8.肩までしっかり浸かる。
  肩まで浸かることで体温が上がり、水圧による血流改善も期待できます。

9. 入浴前に浴室暖房をかける、シャワーでかけ流しをして浴室をあたためる。
  入浴中の体温アップは、浴室の温度からも影響を受けます。

10. 浴槽で深呼吸をする、歌を歌う。
  湯気を吸い込むことで、鼻腔や気管の異物排泄機能も向上します。

11. 浴槽からでるとき、水を体にかけない。
  水をかけると、入浴の温熱効果がリセットされてしまいます。

12. 毎日浴槽に浸かっている
   毎日続けることで入浴の健康効果が出てきます。

さて、あなたはいくつ当てはまりましたか。

これから冷え込む季節、毎日の正しい入浴で、免疫力を高めていきたいですね。

■詳しくは、「リンナイ「熱と暮らし通信」(2020年10月21日)」へ

閉じる

NEWS

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>