中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

オミクロン株BA.5の重症化リスクは低い見通し。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染者の急増に伴い、心配になるのが、オミクロン株BA.5の重症化リスクです。
感染した場合、どのくらい重症化しやすいのでしょうか。

続きを読む閉じる

海外の動向では重症化しにくい特徴。

BA.5への入れ替わりが日本より進んでいる欧州やアフリカの様子を見てみると、重症化が進んでいないことから、これまでの変異株に比べて危険性はやや低く、重症化リスクは高くないと考えられています。

たとえば、ヨーロッパでBA.5の感染例がいち早く確認されたポルトガルでは、5月上旬ごろから増え始め、現在は収束に向かっています。

この間、感染者数は過去最大となりましたが、重症者数や入院者数は過去最少だったということです。

オミクロン株BA.5は肺で増殖しやすい可能性。

ただし、気になる実験結果もあります。これまでオミクロン株は気管で増殖し、肺では増殖しにくいとされていました。

しかし、東京大学医科学研究所ので行われた実験から、「BA.5は肺で増える可能性がある」ことが示唆されました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
重症化しにくいからといって油断することなく、感染予防に努めていくことが必要のようです。

※参考サイト
■ファストドクター医療コラム「ワクチンが効きにくい?BA5株の特徴や症状、潜伏期間について(2022年07月12日)」
■テレ朝NEWS「ポルトガル BA.5「感染者最大、重症者最少」収束へ(2022年7月16日)」

【必見!市民公開WEBセミナー開催】コロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。今だから聞いてほしい専門医の話。

■胃がんの専門医によるWEBセミナー『【7/30録画配信】多診療科で支える胃がん治療』へ

■小児アレルギーの専門医によるWEBセミナー『【7/30LIVE配信】小児アレルギーの治療法と検査法〜食物経口負荷試験と食物経口免疫療法〜』へ

■皮膚の専門医によるWEBセミナー『【7/30LIVE配信】あきらめていませんか? 頭のかゆみ
~頭部の皮膚炎に対する最近の知見~
』へ

閉じる

<コロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。>
乾癬(かんせん)は他の皮膚疾患と初期症状が似ていますが、気づかずに放置しておくと徐々に悪化し炎症が拡がってしまいますので、早い段階で乾癬であることに気づくことが重要です。
■岐阜県総合医療センター 『よく触る箇所にカサカサとした赤みができる尋常性乾癬、その原因は?』へ

<岐阜県総合医療センター×中日新聞LINKED>市民公開WEBセミナー

WEBセミナーお申し込みはこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>