中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

熱中症とコロナ、同じ高熱でもこんな違いが…。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスのオミクロン株「BA.5」の症状は、38℃以上の高熱が多く見られるといいます。
一方、この時期に多い熱中症も、重症化すると高熱になります。
両者の違いを知って、発熱したときも落ち着いて対処したいですね。

続きを読む閉じる

熱中症の発熱のメカニズムは?

熱中症の初期段階では、汗が出ているため体温が上がらないこともあります。

大量の汗をかき、体内の水分が失われると、体温が上がっていきます。

汗をかくことによる体温調節機能が失われているため、42℃を超える高熱になることもあります。

コロナや風邪ウイルスの発熱のメカニズムは?

新型コロナウイルスや風邪ウイルスなどによる発熱は、ウイルスを撃退するためなので、通常42℃を超えることはありません。

体の免疫力を高め、ウイルスの働きを弱めるために発熱が引き起こされます。

また、ウイルスによる発熱では、上昇していた体温を下げるために発汗が見られますが、熱中症が重症化すると汗をかくこともできなくなります。

40℃前後の高熱になったら迷わず119番を。

体温は42℃が生命の危機的ラインとされています。40℃前後の高熱が見られる場合には熱中症が疑われるため、大至急救急車を呼びましょう。

救急車が来るまでの応急処置として、冷水入りのペットボトルなどをタオルやハンカチで巻き、首筋やわきの下を冷やすと効果的です。

※参考サイト
熱中症ゼロへ「熱中症について学ぼう:症状 発熱のメカニズム:熱中症と風邪の違い」

【必見!市民公開WEBセミナー開催】コロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。今だから聞いてほしい専門医の話。

■皮膚の専門医によるWEBセミナー『【録画配信】あきらめていませんか? 頭のかゆみ
~頭部の皮膚炎に対する最近の知見~
』へ

■小児アレルギーの専門医によるWEBセミナー『【録画配信】小児アレルギーの治療法と検査法〜食物経口負荷試験と食物経口免疫療法〜』へ

■胃がんの専門医によるWEBセミナー『【録画配信】多診療科で支える胃がん治療』へ

閉じる

<コロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。>
よくむせる、食事の後に声がれ……飲み込む機能の低下のサインかもしれません。
■みよし市民病院 『【病気のおはなし】摂食嚥下障害と誤嚥』へ

<岐阜県総合医療センター×中日新聞LINKED>市民公開WEBセミナー

WEBセミナーお申し込みはこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>