中日新聞LINKED〈発〉

なるほど、新しい旅のエチケット。

2020.06.23692 views

今朝のちょっと深読み/なるほど、新しい旅のエチケット。

政府は6月19日、新型コロナウイルス感染予防のために自粛を要請していた都道府県境をまたぐ移動を全面的に解禁しました。これに伴い、国土交通省・観光庁と旅行連絡会(観光関連事業者で構成)は、旅行者が感染リスクを避けながら安全に旅行できるように、注意点をまとめた「新しい旅のエチケット」を発表しました。

「新しい旅のエチケット」では、新しい旅行スタイルに加え、旅行中のいろいろなシーン(移動、食事、宿泊、観光施設、ショッピング)ごとの留意事項も提案されています。代表的なものを紹介しましょう。

新しい旅行スタイルの基本

●マスク着け、私も安心、周りも安心。
●旅ゆけば、何はともあれ、手洗い・消毒。
●間あけ、ゆったり並べば、気持ちもゆったり。

移動中

●楽しくも、車内のおしゃべり控えめに。
●すいている時期、時間帯で快適旅行。

食事中

●取り分けて、安心・安全、おいしい料理。
●おしゃべりをほどほどにして、味わうグルメ。

宿泊施設で

●大浴場、静かにゆっくりいい湯だな
●部屋の窓、ときどき開けてリフレッシュ。

観光施設で

●すいた時間・場所を選んで安心観光。
●狭い部屋、長居は無用、お先に失礼。

ショッピング中

●おみやげは、あれこれ触らず目で選ぼう。
●歓迎です、少ない額の電子決済。

いかがですか。七五調の言葉のリズムで、親しみやすく表現されていますね。
これから旅行会社の店舗やホームページで、ポスターとして掲示されたり、チラシ配布される計画。いろんなところで目にする機会が増えそうです。

■詳しくは国土交通省・観光庁ホームページ「新しい旅のエチケット」へ。

今週の新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 感染しない・させないための新しい生活様式①(6月23日) NEW!

■中日新聞LINKED〈発〉 新型コロナウイルスには界面活性剤が効く!(6月22日)

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年6月22日号〉(6月22日) 

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信おまとめ版〈2020年6月22日号〉!(6月22日)

 

見逃し配信情報

奨学金制度で医学生諸君を応援します!

西尾市民病院では、医師確保奨学金の募集枠を追加し、急遽、6年生1名を募集し、医学生の方がコロナに負けることなく、初心を貫くことができるよう全力でサポートします!

ご家族やご友人で、対象の方がいらっしゃる場合はぜひ記事をご確認ください。

詳しくはこちら>>コロナに負けるな、医学生諸君!

オンライン診療②

初めての方でも安心してオンライン診療を受けられるように、診察の具体的な流れと注意点を解説します。

詳しくはこちら>>安心して医療を受けるためにオンライン診療を利用しよう!②

 

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『少しクローズアップめの物撮りをしたいけど・・・』

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

 

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

一宮市立市民病院

循環器診療の伝統を
継ぎ、次代へ挑む。

循環器内科、心臓血管外科、血管外科が一つになって
さまざまな循環器疾患に対応。
詳しくはこちら>>アーカイブ集へ

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

  • アバター くむらさちよ より:

    いつも情報ありがとうございます。
    県を跨ぐ許可ができまして、
    コロナウイルス対策は中途半端にばかり感じます。ワクチンとか医療体制充実させて、感染しても、よはインフルエンザのケースなんとか安心して、体制ができることから、徐々に増やして行くことが一番ベストですね。ソーシャルディスタンスは、この先子供たちはもちろん大人だって、コミュニケーションの薄れてきつつが心配します。このままでソーシャルディスタンス続けてしまうでははっきり言って悲しいです。感染予防学会もちろんそのことも考えて、感染治療の兆し進められてほしいです。日本の政府の取り組み方に含めてです。

  • >