中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

コロナ禍でも検査を受けよう⑥一度は受けておくべき肝炎ウイルス検査。

コロナ禍でも検査を受けよう。6回目は、肝炎ウイルス検査について。
肝臓病の検査で見落としてはならないのは、B型とC型の肝炎ウイルスの検査です。

続きを読む閉じる

ウイルスによる肝炎とは?

日本人の肝臓病で多くみられるのが、B型とC型の肝炎ウイルスによる肝炎です。

ウイルスに感染した状態を放置すると、慢性肝炎から肝硬変、肝がんに進行する場合があります。
ただ、感染を知らずにいる人も大勢いると考えられています。

まだ検査を受けたことのない人は、自覚症状がなくても、一度調べておくことをおすすめします。

一度検査を受ければ、繰り返し受ける必要はありません。

B型肝炎ウイルスの検査は…

B型肝炎ウイルスに感染すると、ウイルスの表面にあるHBs抗原というタンパクがたくさん作られ、血液中にも出てきます。

そこで、採取した血液中にHBs抗原が存在するか否かを調べることで、感染の有無をチェックします。

C型肝炎ウイルスの検査は…

C型肝炎ウイルスに感染すると、これを退治する武器となるHCV抗体が血液中に作られます。

そこで、採取した血液中にHCV抗体が存在するか否かを調べることで、感染の有無をチェックします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
肝炎ウイルスの感染がわかったら、肝炎の状態を調べるとともに、精密検査で肝がんの有無を調べます。

がんの早期発見のためにも、肝炎ウイルス検査をしっかり受けておきたいですね。

■詳しくは、全国健康保険協会『肝炎ウイルス検査』へ

閉じる

Beyondコロナキャンペーン

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>