中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

コロナ

今冬、インフルエンザの報告が少ないのはどうして?

今年の冬は、新型コロナウイルス感染症とインフルエンザが同時流行するのではないか。
そんなことが心配されましたが、今のところ、インフルエンザの流行の兆しは見られないようです。

続きを読む閉じる

昨シーズンはインフルエンザ患者が大幅に減少。

インフルエンザは例年、11~12月に流行入りし、1~2月にピークを迎えます。厚生労働省によると、昨シーズンの推定患者は約1万4000人で、例年の1000万~2000万人程度より大幅に少なく抑えられました。

そのため、社会全体の集団免疫が形成されておらず、今シーズンは大流行するのではないかと懸念されていました。

今シーズンはさらに減少傾向。

ところが今シーズンは、昨年よりもさらに少ない患者数で推移しています。

その理由は昨年と同様、3密回避や手洗い、マスク着用の徹底など、新型コロナに対する感染対策が人々の生活に浸透していることが大きいといわれています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん、これからインフルエンザが流行する可能性もありますが、まずは基本的な感染対策をコツコツ続けていきたいですね。

閉じる

<Beyondコロナ>コロナ禍でも気をつけるべき病気

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>