中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年6月3日号〉

2020.06.0358 views

今朝のちょっと深読み

日本の不思議を解くファクターXとは!?

日本の新型コロナウイルス対策は、PCR検査も少なく、社会全体の活動自粛も他国に比べると穏やかでした。
しかし、感染者や死亡者の数は、欧米より少なく抑えられています。

その背景にある理由について、日本医師会の見解を昨日ご紹介しましたが、今朝は違う角度からのご意見を紹介します。

山中伸弥先生が考えるファクターX。

山中先生は、日本で新型コロナウイルス感染症をある程度抑え込めている現象について「何か理由があるはず」と考え、それをファクターXと呼んでいます。

〈ファクターXの候補〉
●クラスター対策班や保健所職員等による献身的なクラスター対策

●マラソンなど大規模イベント休止、休校要請により国民が早期(2月後半)から危機感を共有

●マスク着用や毎日の入浴などの高い衛生意識

●ハグや握手、大声での会話などが少ない生活文化

●日本人の遺伝的要因

●BCG接種など、何らかの公衆衛生政策の影響

●2020年1月までの、何らかのウイルス感染の影響

●ウイルスの遺伝子変異の影響

これらはあくまでも候補ですが、ファクターXを明らかにできれば、今後の対策戦略に活かすことができるでしょう。

ただし、今のところは、「実態不明のファクターXに頼ることなく、医療体制の整備と共に、検査体制、感染者の同定と隔離体制をしっかり整えることが重要」だと山中先生は指摘しています。

■詳しくは、山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信「ファクターXを探せ!」(2020年5月30日)へ。

今週の新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 緊急事態宣言解除の後の過ごし方(6月2日)

 

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■中日新聞LINKED〈発〉 記事コメント機能リニューアル!(6月2日)

■岡崎市民病院〈発〉 医療物資の寄贈に感謝!〜職員一丸で地域医療を守るために取り組んでいます。〜(6月1日)

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年6月2日号〉

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年6月1日号〉

 

見逃し配信情報

西尾市民病院 がん療養相談看護外来

がんと共に生き、働く時代。前向きに生活していけるように、がん専門の看護師が寄り添います。

詳しくはこちら>>西尾市民病院(がん療養相談看護外来)

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『今朝の朝ごはんにサラダを作って混ぜようと思ったら、窓から朝陽があたったのでパチリ』

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

 

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

医療法人済衆館 済衆館病院

地域のなかで
患者のWILLを繋ぐ。

 

地域医療連携室の先頭に立って
患者を継続支援していく。
詳しくはこちら>>アーカイブ集へ

 

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>