今朝のLINKED通信〈2020年11月10日号〉

コロナ禍で、ぜんそくや感染症の患者が急減。

2020.11.101,502 views

今朝のLINKED通信

コロナ禍で、ぜんそくや感染症の患者が急減。

東大大学院医学系研究科・公衆衛生学教室などの研究チームによると、新型コロナウイルスの感染拡大期にあって、ぜんそくによる入院患者数が急減したことがわかったそうです。

続きを読む閉じる

感染予防行動が患者の減少に。

この結果は、大規模診療データベースを分析する研究で判明したことです。では、どうして「ぜんそく」患者が急減したのでしょう。

その原因として考えられるのが、新型コロナの感染を防ぐための手指消毒や、マスク着用による花粉などのアレルゲンへの暴露(さらされること)が減少したことです。

また、ぜんそくだけでなく、この夏は子どもの感染症である「手足口病(口の中や手足に水ぶくれ状の発疹ができる病気)」や、乳幼児に多く見られる夏風邪の「ヘルパンギーナ」などが激減。

季節性インフルエンザについても、患者が減少していることが報告されています。

衛生習慣の大切さを改めて実感。

今回の新型コロナの流行で、私たちは手洗いや手指消毒を心がけ、三密(密集・密接・密閉)を避けるなどの予防行動を徹底してきました。

こうした一人ひとりの行動変容が、さまざまな病気、とくに感染症の予防につながっているようです。

■詳しくは、「東洋経済オンライン「ぜんそく患者「コロナ禍で急減」という衝撃事実」(2020年11月5日)」へ

閉じる

NEWS

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>