今朝のLINKED通信〈2020年11月9日号〉

新型コロナは、変異して 進化を続けている。

2020.11.095,731 views

今朝のLINKED通信

新型コロナは、変異して 進化を続けている。

ヨーロッパでは新型コロナウイルスの感染が急速に拡大し、再び厳しい規制が広がっています。このヨーロッパでの流行第2波は、新型コロナウイルスの変異型が原因とも言われています。そんななか、デンマークから驚くべきニュースが飛び込んできました。

続きを読む閉じる

ミンクから人に新型コロナの変異種が感染。

世界有数のミンク毛皮の生産地として知られるデンマークでは、突然変異した新型コロナがミンクから人に感染したことを確認。これを受けて、国内の農場1080カ所のミンク1500万~1700万匹を殺処分することにしたそうです。

デンマークのフレデリクセン首相は会見で、突然変異によって「将来のワクチンの効果が、きちんと出ない恐れがあるため、すべてのミンクを殺処分する必要がある」と説明したということです。

ウイルスの変異がワクチンに影響。

デンマークの事例でわかるように、新型コロナウイルスは、増殖を繰り返す過程で変異を続けています。ウイルスが変異によって凶悪化するとは必ずしもいえません。

しかし、変異によって症状などが変われば、ワクチン開発にも影響を与えます。インフルエンザウィルスも、毎年突然変異を起こしているため、それに応じてワクチンの調整が行われています。

新型コロナについても、将来、同じようなことが起きる可能性がありそうです。

■詳しくは、「YAHOO!ニュース「ミンク1500万匹超を殺処分へ 変異型コロナ検出で デンマーク」(2020年11月5日)」へ

閉じる

NEWS

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>