今朝のLINKED通信〈2020年10月19日号〉

飛沫量を3割に抑えるフェースシールドが開発された!

2020.10.192,549 views

今朝のLINKED通信

飛沫量を3割に抑えるフェースシールドが開発された!

前回、新型コロナウイルス感染予防において、フェースシールドを着用してもあまり効果がないことをご紹介しました。その難しい課題に挑戦し、飛沫量の拡散をぐんと削減できるフェースシールドが開発されました。

続きを読む閉じる

スパコン「富岳」を活用して開発。

開発したのは、理化学研究所、飲料会社のサントリー酒類、印刷会社の凸版印刷から構成される合同グループ。スーパーコンピューター「富岳」によるシミュレーション結果をもとに、新しいフェースシールドが開発されました。
フェースシールドの形は、おわん型のマウスガードとメガネを組み合わせたようなフォルム。現在、普及している口元のみを覆うマウスガード(マウスシールド)では、7割程度の飛沫が空気中に放出されますが、あごから鼻までを覆うおわん型にすれば3割程度におさえられることが分かったということです。さらに、目からの感染リスクを抑えるため、めがねを組み合わせ、飲食するときはマウスガードを横にずらして使えるように設計されています。

忘年会シーズンまでに実用化をめざす。

開発グループでは現在、飲食店などで使い心地を調べる調査を開始していて、12月の忘年会シーズンまでの実用化をめざしています。しかも、完成したら誰でも生産できるように設計データを公開するそうです。

マスクをして飲食店に入っても、食事するときは外さなくてはなりません。その点、このフェースシールドを使えば、飛沫拡散に配慮しつつ食事を楽しむことができそうです。新型コロナで打撃を受けた飲食店を応援するためにも、一日も早く実用化されるといいですね。

■詳しくは、「NHKおうちで学ぼう「スパコン「富岳」活用してフェースシールド開発 飛まつ量3割に 」2020年10月13日」へ

閉じる

NEWS

その他の記事はこちら

リンクト通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>