中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年7月15日号〉

2020.07.151,771 views

今朝のちょっと深読み

新型コロナ、重症患者の数に注目しよう。

日々、更新される新型コロナウイルスの感染状況のデータ。感染者が増え、陽性率が上がると、警戒感が強まります。

データを見るときに大切なのは、感染者数だけを気にするのではなく、医療崩壊の兆しがあるかどうか、という視点。

病院の入院ベッドにはどの程度余裕があるのか、重症者や死亡者がどのくらいいるのか、ということを総合的にチェックしたいものです。

病床使用率をチェック

以前、このコーナーでは、医療崩壊の兆しを確認できるサイトとして、「新型コロナウイルス対策ダッシュボード」をご紹介しました。
ここでは、都道府県別の病床使用率が日々更新され、入院ベッドが今、どの程度余裕があるのかが一目でわかります。
■新型コロナウイルス対策ダッシュボード

重症患者の状況をチェック

また、日本集中治療医学会のホームページでは、新型コロナウイルス感染症の重症患者状況とICUベッド数の情報を公開しています。
とくに、「COVID-19 重症患者状況の集計」では、「人工呼吸器が必要な重症患者の推移」と、「重症患者におけるECMO装着数の推移」を、地方別、都道府県別に日々発表しています。

このデータは、横断的ICU情報探索システムに蓄積されたデータベースを視覚化したもの。

このシステムには日本集中治療医学会専門医認定施設、日本救急医学会救急科専門医指定施設を中心に日本全国600以上の施設が参加されているそうです。

ぜひ参考になさってください。

■詳しくは「COVID-19 重症患者状況の集計」へ。

 

今週の新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 マスクの認識を深めようパート2(7月15日) NEW!

■中日新聞LINKED〈発〉 マスクの認識を深めようパート1(7月14日)

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年7月14日〉

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年7月13日〉

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信おまとめ版!〈2020年7月13日号〉 

見逃し配信情報

コロナ禍の最中でも受診すべき、ほかの病気①

コロナ禍であっても、体の部位ごとにどんな症状が出れば、迷うことなく受診すべきかを紹介します。
テーマは、「胸の痛み(心筋梗塞)」です。

詳しくはこちら>>胸の痛み(心筋梗塞)

コロナ禍の最中でも受診すべき、ほかの病気②

コロナ禍であっても、体の部位ごとにどんな症状が出れば、迷うことなく受診すべきかを紹介します。
テーマは、「息切れ・むくみ(心不全)」です。

詳しくはこちら>>息切れ・むくみ(心不全)

 

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『少しクローズアップめの物撮りをしたいけど・・・

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

医療法人 済衆館 済衆館病院

生活を見つめ、
次代の回復期医療を創造する。

 

患者と家族の新たな生活の構築。
職員も、環境も、そのために整えられている。
詳しくはこちら>>アーカイブ集へ

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

  • アバター みっちゃん より:

    知りたかった情報を得る事が出来て満足です❗COVID-19に罹患しないように気を付けて生活しなくてはと再確認出来ました。有り難うございました。

  • >