中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年7月14日号〉

2020.07.142,034 views

今朝のちょっと深読み

新型コロナ、退院しても症状に苦しむ。

新型コロナウイルス感染症は、「退院してからも体調が戻らないことがある」という話を耳にします。そのことを裏付けるような調査報告を、山中伸弥先生がWebサイトに掲載しています。興味深いデータなので、ここで共有したいと思います。

発症後2カ月経っても、苦しい。

調査結果は、イタリアからの報告。ローマの大学病院が、新型コロナウイルス感染で入院し、回復後に退院した人(143名)の経過を観察しました。

調査の期間は、4月21日から5月29日まで。年齢は19歳〜84歳(平均56.5歳)。男性63%、女性37%。

平均入院期間は13.5日。入院中、72.7%に間質性肺炎が認められ、15%は酸素吸入、5%は人工呼吸器が装着されたそうです。
経過観察は、初発症状の出現後、平均60.3日目に行われました。

その結果…

■新型コロナウイルスに関係する症状は?
●消失している…12.6%
●1つか2つの症状が続いている…32%
●3つ以上の症状が続いている…55%

なんと87%もの人が、発症して2カ月後も症状に苦しんでいることがわかりました。

症状で多かったのは、「易疲労性(疲れやすい)」「息切れ」「関節痛」「胸部痛」でした。

現在、再び広がっている新型コロナウイルスは「若い人が中心で、軽症が多いから大丈夫」という考え方もあるようです。でも、この報告にあるように、一度発症すれば、ずっと症状が続く人もいます。緊張感を持って自衛したいものですね。

■詳しくは「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」へ。

今週の新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 マスクの認識を深めようパート1(7月14日) NEW!

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年7月13日〉(7月13日)

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信おまとめ版〈2020年7月13日号〉!(7月13日) 

見逃し配信情報

感染しない・させないための新しい生活様式②

首都圏を中心に新型コロナウイルス感染症が徐々に増えつつあります。
もう一度、新しい生活様式を見直してみましょう。

詳しくはこちら>>感染しない・させないための新しい生活様式②

新型コロナウイルスに関係するストレスと対処方法

新型コロナウイルスの影響で生活が制限されていると、精神的なストレスを抱えてしまいます。
今回は、ストレスを抱えたときの兆候やその対処方法について解説します。

詳しくはこちら>>新型コロナウイルスに関係するストレスと対処方法

 

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『朝ごはん、まるで機内食のようにまとまったのでアップしてみた。

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

松阪市民病院

病院復活から、発展のステージへ。
次の一手は、医療資源の思いきった選択と集中。

 

まずは「呼吸器センター」、
続いて「消化器・内視鏡治療センター」を開設。
病院の得意分野を確立していく。
詳しくはこちら>>アーカイブ集へ

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>