中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

オミクロン株BA.5の家庭内感染を換気で防ごう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスのオミクロン株「BA.5」の感染が広がり、家庭内感染も気になるところですね。
その予防法として、夏場の換気の方法を確認しておきましょう。

続きを読む閉じる

感染スピードが速くエアロゾル感染のリスクが高い。

オミクロン株は感染拡⼤のスピードが速く、マスクを着用していても、換気の悪い場所でのエアロゾルによる感染が確認されています。

エアロゾル感染とは、飛沫よりも細かい5マイクロミリメートル(0.005ミリ)未満の粒子がしばらくの間空気中を漂い、その粒子を吸い込んで感染することです。

エアロゾル感染を防ぐには効果的な換気が大切。

エアロゾル感染を防ぐには定期的な換気が欠かせません。

しかし、夏場は室内の温度が高くなるため、エアコンを優先して熱中症の予防に配慮しながら換気することが大切です。

●常時換気
可能であれば、室温28℃以下を確保できる範囲で、防犯に注意しながら、5センチから15センチを目安に2か所の窓を常時開放します。

●窓開けによる換気
窓開けによる換気を行う際は、対角線上にあるドアや窓を2か所開放すると効果的です。

窓開けによる換気は、30分に1回を目安に、数分間窓を全開にします。

●24時間換気システムの利用
2003年7月の建築基準法改正以降に新築された住宅には、24時間換気システムの設置が義務付けられています。

エアコンを優先しながら24時間換気システムや換気扇を活用して、最小限の換気を確保しましょう。

なお、24時間換気システムがない場合は、浴室やトイレの換気扇を常時運転しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なお、厚生労働省で7月7日に発表された海外渡航者の変異株の検疫結果をみると、感染しても「無症状」という人が半数以上(46人中34人)いることも特徴的といえそうです。

※参考サイト
■神奈川県「オミクロン変異株新型コロナ対策と熱中症予防-適切な換気でエアロゾル感染を防ぐ」

【必見!市民公開WEBセミナー開催】コロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。今だから聞いてほしい専門医の話。

■胃がんの専門医によるWEBセミナー『【7/30録画配信】多診療科で支える胃がん治療』へ

■小児アレルギーの専門医によるWEBセミナー『【7/30LIVE配信】小児アレルギーの治療法と検査法〜食物経口負荷試験と食物経口免疫療法〜』へ

■皮膚の専門医によるWEBセミナー『【7/30LIVE配信】あきらめていませんか? 頭のかゆみ
~頭部の皮膚炎に対する最近の知見~
』へ

閉じる

<コロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。>
アトピー性皮膚炎は、発疹やかゆみの症状がなかなかおさまらなかったり、良くなったと思っても再発を繰り返すため、身体的にも精神的にも非常に負担の大きい病気です。
■中日新聞LINKED 『アレルギーやバリア機能の低下が原因で、湿疹が出るアトピー性皮膚炎』へ

<岐阜県総合医療センター×中日新聞LINKED>市民公開WEBセミナー

WEBセミナーお申し込みはこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>