中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年8月3日号〉

2020.08.033,666 views

今朝のちょっと深読み

新型コロナ、感染する人、しない人。

新型コロナウイルスが体内に入ったとしても、すべての人が感染するわけではありません。

人間の免疫力がきちんと働けば、感染しません。
たとえ感染したとしても、免疫力が強ければ、症状が出ないままウイルスを追い出すことができますし、症状がでても軽症ですみます。

反対に、免疫力が低下していると、感染しやすくなります。

そもそも免疫とは何?

では、そもそも免疫とは何でしょう。
久留米大学医学部免疫講座のホームページを参考に紹介します。

免疫は、体内に侵入した新型コロナウイルスなどの病原体を体から追い出す役割を担います。
具体的には、免疫細胞は自然免疫細胞と獲得免疫細胞にわけられ、何種類もの細胞のチームプレイによって病原体と戦います。

自然免疫細胞が先制攻撃、つづいて、獲得免疫細胞が援護。

病原体が体内に入ってくると、数時間以内に自然免疫細胞が攻撃を仕掛けます。
自然免疫細胞は非常に血気盛んで、病原体を丸飲みしたり、石を投げて相手を攻撃します。

自然免疫細胞が戦っている間に、獲得免疫細胞は自然免疫細胞から情報を得て、本当に悪い主犯を認識して、それを覚え込みます。
戦いを始めるまでの準備に、3日間必要です。

自然免疫細胞が苦戦しながらも3日間戦い抜けば、獲得免疫細胞が援軍として戦いに参加。的確に敵をしとめて病原体を撃退します。

■詳しくは、久留米大学医学部免疫講座「免疫を理解し、新型コロナウイルスを正しく恐れるために」 (更新2020年7月30日、第28版)へ。

今週の新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 コロナ禍での夏休みの過ごし方② (2020年8月3日)NEW!

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■中日新聞LINKED〈発〉 医療最前線で闘う皆さんに「ありがとう」を伝えよう① NEW!

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信おまとめ版!〈2020年8月3日号〉 

編集部が取材した医療現場の今

■みよし市民病院〈発〉 コロナ禍の町を守る小さな病院の大きな挑戦。 NEW!

見逃し配信情報

新型コロナウイルス感染症対策と熱中症①

今回は、熱中症になりやすい人や環境、熱中症の症状と対処、新型コロナウイルス感染症対策をすることによる熱中症のリスクを紹介します。

詳しくはこちら>>新型コロナウイルス感染症対策と熱中症①

新型コロナウイルス感染症対策と熱中症②

パート2では、具体的な熱中症と新型コロナウイルス感染症の両方の予防、医療崩壊を防ぐためにできることについて紹介します。

詳しくはこちら>>新型コロナウイルス感染症対策と熱中症②

 

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『足裏腱膜炎、昨日鍼灸へ行って調整、もう少しな印象。でもまだウォークは慎重に考えているので、スタジオに居て何を撮るのか?など考えながら、侮れないEF40mmF2.8で寄った写真を撮ってみた。

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

『LINKED Plus』特別編 ※今回は最新情報をご紹介します。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

みよし市民病院

コロナ禍の町を守る
小さな病院の大きな挑戦。

 

緊急事態宣言の最中にあっても、
市民の健康は私たちが守る。
詳しくはこちら>>LINKED Plus

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>