中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

マスクの着用は個人の判断に。あなたはどうしていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月13日から、新型コロナウイルス感染対策とのマスク着用が個人の判断に委ねられることになりました。
とはいえ、マスク着用についてどう考えるべきか、何らかの指針がほしいですね。
厚生労働省の考え方を見てみましょう。

続きを読む閉じる

マスクの着用が推奨される場面は?

高齢者など重症化リスクの高い人への感染を防ぐため、下記のシーンではマスクの着用が推奨されています。

●医療機関を受診するとき

●医療機関や高齢者施設などを訪問するとき

●通勤ラッシュ時など、混雑した電車やバス(※)に乗車するとき(当面の取扱)
※概ね全員の着席が可能な新幹線、通勤ライナー、高速バス、貸切バスなどを除く。

●感染拡大時、重症化リスクの高い人が混雑した場所にいくとき
(感染から自身を守るための対策として、マスクの着用が効果的です)

大切なのは、個人の判断を尊重すること。

上記に、マスクの着用が推奨される場面をあげましたが、マスクの着用はあくまでも個人の判断が優先されます。

「本人の意思に反してマスクの着脱を強いることがないよう、個人の主体的な判断が尊重されるような配慮をお願いします」と厚労省は注意を促しています。

また、子どものマスク着用については、健康面などへの影響も懸念されていますから、すこやかな発育・発達の妨げとならないような配慮が必要です。

※参考サイト
■厚生労働省「マスクの着用について

【2023年3月25日(土)開催!市民公開WEBセミナー】コロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。今だから聞いてほしい専門医の話。

■気管支喘息の専門医によるWEBセミナー『【LIVE配信】咳が続いて息が苦しいけれども、気管支喘息?』へ

■慢性閉塞性肺疾患(COPD)の専門医によるWEBセミナー『【LIVE配信】動くとえらいのですが、私COPDですか?』へ

■肺がんの専門医によるWEBセミナー『【LIVE配信】肺がんの話をしましょう!肺がんの最大の危険因子は喫煙、ではない』へ

閉じる

Beyongコロナキャンペーンーコロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。ー

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>