中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

「冷え対策」のコツ。外側から温めるなら、この3カ所を。

このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い冬、体の「冷え」を感じたとき、どこを温めると効果的でしょうか。
「冷え症」の症状に応じて、おススメの温めポイントを紹介します。

続きを読む閉じる

「冷え」に効果的な温めポイントは・・・?

➀おなかを温める
手足に冷えを感じたり、全身に血液をめぐらせたいときは、湯たんぽや腹巻きなどで、へその下あたりを温めるのが効果的です。

おなかの中の温度が37度くらいに保たれると、臓器の働きが活発になり、さまざまな代謝機能を活性化できます。

②首の後ろを温める
肩がこりやすい人は、首の後ろが効果的な温めポイントです。

首の後ろは薄い皮膚の下を太い血管が通っているため、温めると全身に血流がめぐり、手足の血行が良くなります。カイロやネックウォーマーを上手に活用しましょう。

③足首を温める
足の先が冷える人は、靴下などで足首を温めるのが効果的です。

足首が冷えると、足先の血行が悪くなり、冷えた血液がたまって、足の冷えを感じやすくなります。

食事、入浴、運動にもひと工夫。

外側から温める以外に、いつも生活習慣にも気を配りましょう。

食事では、旬の食材や発酵食品など、体を温める食べ物を取り入れて。

入浴はシャワーではなく湯船に浸かって、体を温めましょう。

また、家事や仕事のスキマ時間に、「かかとの上げ下げ」など簡単な運動を取り入れると、新陳代謝や血流の促進につながります。

※参考サイト
■味の素 いきいき健康相談所「冷えの専門家に聞いた! 今日から始める冷え対策

■オムロン「vol.140 『冷え』は万病のもと。温かい体で冬を乗り切ろう

■全国健康保険協会 福島支部「体を温める3つの習慣

閉じる

Beyongコロナキャンペーンーコロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。ー

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>