中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

毎日発信 今朝のLINKED通信

今の疾病に関する気になる情報を毎日発信しています。
今の季節だから流行る病気や対策など、いち早く知って予防しましょう。

今朝のLINKED通信

covid

冬のお風呂、ヒートショック対策をしっかりと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い日に入るおふろってあたたかくて幸せですよね。
でも、寒い季節の入浴には「ヒートショック(血圧の急変動)」の危険が潜んでいます。

続きを読む閉じる

「ヒートショック」とは?

「ヒートショック」とは、暖かい部屋から寒い部屋へ移動する際などに起こる体の負担を指します。

急激な温度変化によって、血圧が上下に大きく変動。

この血圧の乱高下に伴って、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などを発症するリスクが高まります。

65歳以上の人はヒートショックに要注意。

ヒートショックによる入浴事故は、お年寄りに多く見られます。

65歳以上の高齢者で、一番風呂や熱い風呂、長湯が好きな人はとくに注意が必要です。

また、高血圧や糖尿病、肥満、睡眠時無呼吸症候群、不整脈の人も影響を受けやすいと考えられています。

ヒートショック対策のポイントは?

●脱衣所と浴室を温める
脱衣所には、暖房器具を置くなどの工夫を。浴室は、浴槽にお湯をためて、ふたを外しておくと温度を上げることができます。

●お風呂の温度は38~40℃に設定
お風呂の温度が42℃以上になると、心臓に負担をかけることが知られています。38~40℃に設定して入浴することがおすすめです。

●ゆっくりとお風呂から出る
お湯に浸かると身体が温められ、血管が弛緩して血圧が低下します。その状態で急に立ち上がると、めまいを起こしたりするので、ゆっくり立ち上がるようにしましょう。

※参考サイト
■社会福祉法人 済生会「冬場に多発! 温度差で起こるヒートショック(2017年1月11日)

閉じる

Beyongコロナキャンペーンーコロナを乗り越えこれからの健康を考えよう。ー

その他の記事はこちら

今週のLINKED通信
アーカイブ

その他のアーカイブはこちら

今週の
サポーター情報

REPORT

その他の記事はこちら

Special Thanks

画像提供:PIXTA

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>