中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年6月29日号〉

2020.06.29517 views

今朝のちょっと深読み

わずか25分で新型コロナ判定!

新型コロナウイルス感染症を判定するPCR検査は、判定まで4~6時間かかります。

そこで、検査を迅速化させる試薬などが相次いで開発されていますが、それらとは別に新しい検査法が開発され、注目されています。

全く新しい革新的核酸増幅法(SATIC法)

開発したのは、塩野義製薬(株)と日本大学、群馬大学、東京医科大学からなる共同研究チームです。

SATIC法は、特定の遺伝子のほか、変異遺伝子やタンパク質、代謝物などの生体内分子も、簡便な手法で高感度に測定できる技術だといいます。

その特徴は、簡単でスピーディ。しかも、高い精度で判定できることにあります。

〈特徴〉

●感染の有無を、検出機器を必要とせず目視で容易に判定可能
●検体採取から25分程度で判定可能
●PCR法と同等の高い感度
●唾液や喀痰からの検出が可能

 

量産化をめざしてプロジェクト推進

塩野義製薬は、SATIC法による新型コロナウイルスの量産用検査キットの実用化をめざし、動き出しています。国の薬事承認を得て実用化されれば、PCR検査の拡充に大いに貢献することになりそうです。

■詳しくは、塩野義製薬株式会社プレスリリース(2020年6月22日)へ。

今週の新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 感染しない・させないための新しい生活様式③ NEW!

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信おまとめ版〈2020年6月29日号〉!(6月29日) NEW!

 

見逃し配信情報

ヨナハ訪問看護ステーション

皆さんと一緒に、望む療養生活の実現をめざしために、在宅部門を紹介します。

詳しくはこちら>>ヨナハ訪問看護ステーション

慢性腎臓病のチームケア

慢性腎臓病の患者さんを、薬物療法・栄養指導・継続的なケアの提供を通して支えます。

詳しくはこちら>>慢性腎臓病のチームケア

 

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『 僕のデジカメスナップ原点は、昔の日進の家でトイレの便座に座ったときに目の前に見えるドアノブ、それを撮れるようにいつもカメラを携行したいと思ったことだった。今の本郷で便座に座って見えるのは、写真のシャワーカーテン。』

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

 

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

医療法人 珪山会 鵜飼リハビリテーション病院

一歩先を行く
チーム医療の形。

 

患者の生活復帰をめざし、多職種が相互乗り入れして
効果的なチーム医療を実践。
詳しくはこちら>>アーカイブ集へ

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>