中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年5月11日号〉

2020.05.1126 views

今朝のちょっと深読み

レムデシビルって、どんな薬?

アビガンと並んで注目されるのが、米国発のレムデシビルです。これは、どんな薬なのでしょうか。

レムデシビルは米国の製薬企業 ギリアド・サイエンシズが開発した点滴薬です。もともとエボラ出血熱の治療薬として作られたもので、RNAポリメラーゼを阻害することで、ウイルスの増殖を抑制します。

新型コロナウイルス感染症に対しては、これまで多くの重症例に投与し、患者の回復を早める効果を確認したとして、米国のFDA(食品医薬品局)は、新型コロナウイルスの重症患者に対する緊急使用を認めました。

日本でも、異例のスピードの特例承認へ

米国の承認を受け、日本でも国内の薬事承認の審査を大幅に簡略化。厚生労働省は7日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として、抗ウイルス薬「レムデシビル」を特例承認し、重症者を対象に医療現場で使用を始めることになりました。

ただし、もともと違う病気の薬として開発されたレムデシビルの使用にあたっては、慎重な判断が必要です。
日本感染症学会は、レムデシビルの副作用として、肝機能障害、下痢、皮疹(ひしん)、腎機能障害などの頻度が高く、重篤な副作用として多臓器不全、敗血症性ショック、急性腎障害、低血圧が報告されているとしています。

●詳しくは、日本感染症学会「COVID-19 に対する薬物治療の考え方」第2版へ(2020年4月28日)

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

昨日1日、ウォークと懸垂・スクワットを「自粛」したら膝腰・筋肉など具合がいい。どうやら筋肉関節に疲労が溜まってみたいなので、今日もう1日自粛を延長決定。
まぁスタジオ内で出来ることをして過ごそうと思い、まずは魚眼レンズでパノラマ展開の確認作業。
もう一つ、自分の撮影した印刷物の整理を多分今日で完了できそう。』

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 第1回 コロナ禍の最中でも受診すべき、ほかの病気。

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■日本看護協会〈発〉 「#NursingNow_いま私にできること 」キャンペーンを実施

病院・企業からの最新情報

■こちらをご確認ください。

編集部が取材した医療現場の今

■こちらをご確認ください。

中日新聞LINKED みんなで考えよう、地域医療!

■こちらをご確認ください。

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

一宮市立市民病院

循環器診療の伝統を
継ぎ、次代へ挑む。

 

循環器内科、心臓血管外科、血管外科が一つになって
さまざまな循環器疾患に対応。
詳しくはこちら>>アーカイブ集へ

 

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>