中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年4月13日号〉

2020.04.1013 views

今朝の少し深読み

「医療崩壊」って、どういう意味?

「医療提供体制が切迫」「医療崩壊の危機」などの言葉が、連日ニュースで使われています。この「医療崩壊」という言葉、どういう意味なのか、改めて確認しておきましょう。
医療崩壊は、わかりやすくいうと、治療を必要とする患者に十分な治療を提供したくても、できない事態に陥ることです。

なぜ医療崩壊が起きるの?

医療崩壊の引き金となるのが、「患者の急増」です。
新型コロナウイルス感染症患者の急増が医療提供体制の限度を超えると、病床や人工呼吸器はもちろん、医師や看護師、臨床工学技士なども足らなくなります。そうなれば、医療現場は機能不全に陥り、死亡患者が急増することが予想されます。とくに日本の病院はもともと医師不足の状態であり、看護師など医療スタッフも限りがあり、余力はありません。

医療崩壊の引き金のもう一つは、「院内感染」です。
もしも医療従事者の間に感染した人が出れば、接触した職員の多くも2週間程度の自宅待機を余儀なくされ、現場はあっという間に人材不足になります。外来や救急医療も一時的に閉鎖されることになります。
今、医療崩壊を防ぐには、入院治療の必要な患者を適切に振り分けること、そして院内感染を徹底的に防ぐこと。この二つが、非常に重要な鍵を握ります。

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『駐車場の隅に作った我が家の円形植え込み、まだまだ途上。』

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)  Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■こちらをご確認ください。

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■こちらをご確認ください。

病院・企業からの最新情報

■安城更生病院〈発〉 【診療機能のご紹介】 医師初期臨床研修
■安城更生病院〈発〉 【支援機能のご紹介】医療職の臨床教育・看護部

編集部が取材した医療現場の今

■こちらをご確認ください。

中日新聞LINKED みんなで考えよう、地域医療!

■こちらをご確認ください。

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

公立西知多総合病院
高精度放射線治療がスタート。乳がん治療の理想的な環境が整った。

乳がん専門の医師が3名。院内外のチーム医療を見つめ、
早期発見と理想の集学的治療に挑む。

 

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>