中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年8月25日号〉

2020.08.251,847 views

今朝のちょっと深読み

ユニバーサルマスキングという世界基準。

マスク着用は、感染を予防できる根拠がない。そのように述べていたWHO(世界保健機関)も、今では感染が広がっている地域の、公共の場でのマスク着用を推奨しています。このように、人々が常時マスクを着用する感染予防策を、「ユニバーサルマスキング」と呼び、今や世界基準になりつつあります。

ユニバーサルマスキングは、感染を広げないため。

では、新型コロナウイルス感染症でマスク着用が推奨されるのは、どうしてでしょう。それは、新型コロナは、症状出現の2日ほど前からウイルスを排出している可能性があるからです。つまり、無症状の人(潜伏期間中の人)が自覚なく飛沫を飛ばし、感染を広げてしまう恐れがあるのです。それを防ぐために、マスクは有効な武器になります。

熱中症予防のためにマスクをはずすことも大切。

どんなに元気な人でも、誰かと接触するときはマスクを着けてほしいもの。でも、マスクを着用していると、体内に熱がこもりやすくなり、熱中症のリスクが高まります。マスクを着けているときは、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分をとりましょう。
また、気温や湿度の高いシーンでの、マスク着用は要注意。 屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずしましょう。

■マスク着用の注意点は、厚生労働省の「熱中症予防」へ。

今週の新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 学校での新型コロナウイルス感染症の予防対策②(2020年8月24日)

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信〈2020年8月24日号〉 

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信おまとめ版!〈2020年8月24日号〉 

 

見逃し配信情報

学校での新型コロナウイルス感染症の予防対策①

新型コロナウイルスの影響で、夏休みが短縮されている学校も多いようです。今回は、学校での新しい生活様式と3つの密の回避についてご紹介します。

詳しくはこちら>>学校での予防対策①

安心して働くために

在宅勤務など仕事環境に変化がある中で、新たな注目を浴びているのがコロナハラスメントです。

誰もが安心して働ける環境を整えるためにも、できる対策を考えていきましょう。

詳しくはこちら>>コロナハラスメントをしない!させない!

 

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『我家のキッチン、南壁

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

総合大雄会病院

次代に求められる医師が育つ環境がある。

 

地域とともにある病院だからこそ学べるものとは。
詳しくはこちら>>LINKED Plus

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>