中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年8月17日号〉

2020.08.171,005 views

今朝のちょっと深読み

新型コロナで心筋炎に!?

新型コロナウイルスに感染しても、大半の人は無症状や軽症ですみます。だから、「安心していい」という意見もあります。

しかし、無症状や軽症であっても、後遺症が残るという報告が海外から届いています。

ドイツからの報告「60%の人が心筋炎」。

山中伸弥先生が、新型コロナウイルスと心臓に関する3つの論文をホームページで紹介されています。その一つを共有したいと思います。

〈ドイツからの報告〉

●新型コロナウイルスに感染して2〜3カ月経過した100名に対し、心臓のMRI検査を実施。
●平均年齢は49歳(45〜53歳)。
●感染が確定してからMRI検査までの期間は、平均71日(64〜92日)。
●67名は自宅で療養。33名は入院して治療を受けた。
●MRIの結果
78名に、心臓MRIで画像上の異常が認められた。
60名に、心筋の炎症が続いていることが判明した。

 

この報告では、感染時の症状の重さにかかわらず、多くの感染経験者で心臓への影響が続く可能性が示唆されています。

心筋炎は、どんな病気?

では、心筋炎はどんな病気でしょう。

これは、心臓の筋肉組織(心筋)に炎症が起きる病気で、主な原因はウイルス感染です。心筋炎の症状は、発熱、動悸、呼吸困難、胸痛、全身の倦怠感などさまざまあります。

また、心筋炎から、心臓の機能が低下する「心不全」になったり、「不整脈」が起きたりすることがあり、決して軽視することはできません。

●論文については、「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信:新型コロナウイルスの心臓への影響(8月4日)」へ。

今週の新着情報

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■中日新聞LINKED〈発〉 今朝のLINKED通信おまとめ版!〈2020年8月17日号〉 

 

見逃し配信情報

心を生きのびよう⑥

今回のテーマは、「生きることと選ぶこと」

臨床心理士が、コロナ禍の中で心を生きのびるヒントをご紹介します。

詳しくはこちら>>心を生きのびよう⑥

『今朝のLINKED通信』人気記事

これまでに配信した『今朝のLINKED通信』から、人気記事をピックアップしました。

今回の深読みは、「新型コロナ、無症状でも唾液PCR検査OK。」、ぜひお読みください。

詳しくはこちら>>2020年7月29日号

 

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『スタジオ西側の窓から容赦ない西陽があたるが、面白い影も作ってくれる。東の壁面上の方には、昨年の写真展の等身大の2倍ぐらいにプリントして吊り下がってる=お気に入りの仮面娘に、スポットライトが当たっているの図

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

尾張温泉かにえ病院

超高齢社会を見据えた
地域づくりへの挑戦。

 

住み慣れた地域で、
活き活きと暮らすための拠点となる。
詳しくはこちら>>LINKED Plus

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>