中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年5月19日号〉

2020.05.1911 views

今朝のちょっと深読み

病院が直面する、もう一つの危機。

感染防護用品の不足、感染する恐怖と闘いながらの診療、そして、医療従事者への風評被害など、病院を取り巻く環境はここ数カ月、とても厳しいものでした。その病院に降りかかる新たな苦難が顕在化してきました。

それは、病院経営の危機です。

4月以降、大幅に患者数が減少。

日本医師会と四病院団体協議会(日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会)は5月1日、新型コロナウイルス感染症の診療体制を継続する観点から、加藤勝信厚生労働大臣に要望書を提出しました。

それによりますと、4月以降、病院では外来・入院とも大幅に患者数が減少。
この状況が続くようであれば、6月以降の病院経営に重大で深刻な影響が出るということです。

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症重症者などに対する診療報酬上の評価を大幅に引き上げましたが、それだけではカバーできないほど病院の経営状況は深刻です。

コロナ患者を受け入れている病院では、受け入れに伴い、ベッド数を削減したり、外来や手術などを縮小せざるを得ない状況になっています。

また、コロナ患者を受け入れていない病院においても、「院内感染に不安を感じる」患者の受診控えが広がり、病院経営を圧迫しています。
病院の健全な運営を守り、地域医療を守るために、今後さまざまな支援が必要になりそうです。

■新型コロナウイルス感染症における診療体制に関する要望書(2020年5月1日)

見逃し配信情報

医療従事者応援キャンペーン

中日新聞LINKEDでは、最前線で闘う医療従事者を応援するために、感謝・応援のメッセージを募集しています。
手紙、絵手紙、写真、動画など、どんな形でも結構です。

詳しくはこちら>>医療従事者応援キャンペーン メッセージ応募フォーム

自宅でできる介護リハビリ

(株)Rehab for JAPANでは、特設サイト「自宅でできる介護リハビリ」にて約2,500種類の運動マニュアルを5月31日(日)まで無料提供中

詳しくはこちら>>Rehab for JAPAN〈発〉 自宅でできる介護リハビリ

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『ガレージの扉に名画? 上を見ると「アトリエ」と書かれていて納得。』

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

今週の新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 安心して働くためにコロナハラスメントをしない!させない!(5月19日)  NEW!

■中日新聞LINKED〈発〉 コロナ情報疲れを起こさないためにするべきこと(5月18日) 

■中日新聞LINKED〈発〉 第3弾 LINKEDでは情報源を厳選し、正しい情報を発信しています。(5月18日)

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

西尾市民病院

広域で支えるセーフティネットを見つめて。

 

西尾市民病院が考える、〈ずっと安心〉のために、
この地域で必要な医療。
詳しくはこちら>>アーカイブ集へ

 

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>