中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年4月23日号〉

2020.04.239 views

今朝のちょっと深読み

人工呼吸器って、どんな装置?

新型コロナウイルス感染症患者が増えるにつれ、人工呼吸器の不足が問題視されています。私たちの肺は、呼吸をして吸い込んだ空気中の酸素を取り込み、二酸化炭素を排出します。肺炎が重症化すると、その機能がうまく働かなくなり、人工呼吸器を用いて、呼吸を補助する必要が出てきます。代表的な2種類の人工呼吸器について理解しておきましょう。

●マスク型の人工呼吸器

患者の鼻や口を覆うようにマスクを装着し、人工呼吸器を用いて肺のガス交換を促進します。気管チューブを挿入したり、気管を切開する必要がなく、体にやさしい人工呼吸療法だといえます。

●気管挿管型の人工呼吸器

口や鼻から気管までチューブを入れる。あるいは、首の前側を小さく切開して気管にチューブを通し、人工呼吸器を用いて肺の呼吸を助けます。気管挿管型の人工呼吸療法は、患者にとって大きな苦痛や不安を伴います。

こうした人工呼吸療法は、医師、看護師、臨床工学技士などがチームを組んで行います。人工呼吸管理には専門的な知識と技術が必要で、そのマンパワー不足も指摘されています。

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『我家のキッチン片隅、数字の「9」をテーマにしたワインボトル、種類違いで何本か買い=飲み、空になった瓶に料理用ワインやオリーブオイル、普通のオイルなどを入れてある。
モノクロで撮ってチョット洒落てみた。』

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 医療崩壊って、「何」が崩壊するの?(3)

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■こちらをご確認ください。

病院・企業からの最新情報

■こちらをご確認ください。

編集部が取材した医療現場の今

■こちらをご確認ください。

中日新聞LINKED みんなで考えよう、地域医療!

■こちらをご確認ください。

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

西尾市民病院

看護の力で安心の生活を
支える拠点づくり。

 

看護をリードする認定看護師たちが考える
これからの病院の姿。
詳しくはこちら>>アーカイブ集へ

 

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>