中日新聞LINKED〈発〉

今朝のLINKED通信〈2020年4月16日号〉

2020.04.1654 views

今朝の少し深読み

正しい感染への備え方

医療提供体制の危機が叫ばれています。もしも、自分や家族が新型コロナウイルス感染症を疑う症状になったら、どう行動すればいいでしょう。地域医療を守るために、一人ひとりが冷静に判断することが大切です。

すぐに医療機関へかからない

微熱やせきなど風邪の症状があるとき、すぐに診療所などへかからないことが基本です。行った先で感染するリスクもありますし、万一自分が感染していたら、医療機関に感染を広げてしまうリスクもあります。

まずは、おうちで安静に

持病がない64歳以下の人は、風邪の症状や37.5℃以上の発熱でも、4日間は自宅で回復を待ちましょう。4日以上続く場合は、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ医に電話で相談します。
高齢者や持病のある人は、2日程度は自宅で安静にしてください。
妊婦さんも同様ですが、風邪の症状や37.5℃以上の発熱が2日程度続く場合は、早めに帰国者・接触者相談センターやかかりつけ医に電話で相談してください。

これらの情報は、「新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会」のツイッターで紹介されています。どうぞご一読ください。

一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『朝の散歩コースにある住宅展示場、窓が額縁の幸せイメージ。どんな家族が買うんだろうね?』

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)
Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■中日新聞LINKED〈発〉 地域の状況に応じた感染対策を進める。

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■西尾市民病院〈発〉 ーソーシャルディスタンス・飛沫感染の取組についてー

■岡崎市民病院〈発〉 ー岡崎市民病院のスタッフが、プロの手洗いを伝授!ー

病院・企業からの最新情報

■こちらをご確認ください。

編集部が取材した医療現場の今

■こちらをご確認ください。

中日新聞LINKED みんなで考えよう、地域医療!

■こちらをご確認ください。

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう


みよし市民病院
がん検診は〈健康寿命を
延ばす〉ための第一歩。

がんは早期治療すれば、怖い病気ではない。
無症状のうちに発見できるか否かが鍵。

 

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>