中日新聞LINKED〈発〉

どうやって接触を8割減らすの?

2020.04.1413 views

今朝の少し深読み/どうやって接触を8割減らすの?

安倍晋三首相は7日、緊急事態宣言を出した後の会見で、「人と人との接触機会を最低7割、極力8割、削減するように」国民へ求めました。

8割の目標は、なかなか厳しく感じられます。
では、どうやってその目標をめざしていけばいいのでしょう。
「新型コロナウイルスクラスター対策専門家」のツイッターで、北海道大学の西浦 博教授が「接触が8割減った社会のイメージ」について解説していらっしゃいます。そのポイントを紹介しましょう。

『接触機会8割削減をめざして』

●メリハリをつけて接触を削減していく
とくに新型コロナウイルスの伝搬がたくさん起きているリスクの高い場所での接触を減らす。たとえば夜間の接待飲食業など。

●社会機能は維持していく
医療や公共交通といったインフラは継続していく。

●一般企業は、段階的に接触を削減していく
日本経済団体連合会がめざす「接触の低減目標」を段階的に強めていく。

●一般の人は、会う人を減らす。
1日に10人会っていたとすれば、2人に減らしていく。

西浦教授は「流行前の生活・社会を機能させつつ、どのようにして接触の8割減を達成できるか、皆で考えていきましょう」と呼びかけていらっしゃいます。私たち一人ひとりが知恵を絞っていきたいですね。

ほっと一息 コロナの休息

編集部の協力クリエイターたちが提供してくれた、ほっと一息つけるコンテンツを毎日お届けします。

今朝の1枚

『朝陽が見せた我が家の玄関前の影、四角い枠は鉄製の手すりの影。』

撮影者プロフィール

南部辰雄(なんぶ たつお)  Tatsuo Nambu

名古屋生まれ、高校まで名古屋で育ったなァ、確か・・
詳しくはコチラ>>http://www.nambu-web.com/

 

新着情報

新型コロナウイルス対策特集ページ

■こちらをご確認ください。

Good Challenge for 新型コロナウイルス対策

■こちらをご確認ください。

病院・企業からの最新情報

※過去に人気の高かった記事を改めてご紹介致します。
■岡崎市民病院〈発〉 【治療を学ぼう】 ロボット支援手術
■西尾市民病院〈発〉 【病気のおはなし】乳がん
■公立西知多総合病院〈発〉 【治療を知ろう】緩和照射

編集部が取材した医療現場の今

■こちらをご確認ください。

中日新聞LINKED みんなで考えよう、地域医療!

■こちらをご確認ください。

『LINKED Plus』アーカイブ集 ※こちらは過去に配信した特集記事となります。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるう今、もう一度、自分たちの地域医療を支える病院の取組を再確認しませんか?

LINKED Plus 病院を知ろう

医療法人 尚徳会
誰もが安心して産み、
育てられる地域を作る。

社会的・医療的問題を持つ妊婦にアプローチし、
妊娠、出産、子育てまで途切れなく支援していく。

 

画像提供:PIXTA

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>