中日新聞 地域医療ソーシャルNEWS
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
病院・クリニックからのトピックス
岡崎市民病院

岡崎市民病院 診療部門のご紹介

お知らせ

2022年7月26日|162 VIEW

岡崎市民病院では、専門性の高い機能を診療科や職種を連携させたチームや院内センターとして運営し、診療部門の充実を図っています。今回の記事では、各診療部門の取り組みや特徴をご紹介します。

01 救命救急センター

医療圏内唯一の第三次救急医療機関として、迅速・適切・高度な救急医療の提供を。

救命救急センターは、昭和57年の開設以来、40年にわたり地域救急医療の守の要として、その役割を担ってきました。西三河南部東医療圏(岡崎市・幸田町)唯一の第三次救急医療機関として重症患者さんの治療を中心に、年間8千台前後の救急車を受け入れて、地域の需要に応じた救急医療を提供しています。

 

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>