(株)エヌ・エフ・ユー〈発〉

高齢者にとって、玄関周りは転倒やつまずきの危険がいっぱい!

日本福祉大学×くらそっと×中日新聞リンクト My エデンの園〈創造〉計画プロジェクト

2021.03.1896 views

第1回「玄関周り」の問題点

シニア・高齢者が安心・安全に暮らすために大切なのは、自分の生活を住まいに合わせるのではなく、自分の生活に住まいを合わせることです。ただし身体の機能が低下してくる高齢者にとって、家の中にはさまざまな危険が潜んでいます。
具体的にどんな場所に、どんな危険があるのか、まずは「玄関周り」から見直していきましょう。
安心・安全な住環境を研究している日本福祉大学 健康科学部福祉工学科 村井研究室が、問題点、課題、そして、解決策を一緒に考えます。

日本独特の自然環境、行為から生じる、玄関やアプローチ部の段差。

玄関は、住宅の出入口であると同時に、我が家の顔でもあります。道路から敷地に入り、アプローチを通って玄関までの空間は、単なる通路ではなく、道路と我が家を繋ぐ大切な空間なのです。そして、玄関扉から建物に入ると、「靴を脱ぐ」という日本独特の行為があります。アプローチから玄関の流れ。それは空間的にも心理的にも、日本人には重要な部分といえますね。
一方、建物内から見ると、「最初の屋外空間」となるのが玄関アプローチや庭。シニア・高齢者や障害のある方にとって、外出はハードルの高い行為になることも多く、「最初の屋外空間」が安全で使いやすいことは、屋外に出たいという気持ちを持ちやすくします。しかし、バリアフリーの視点で玄関周りを見ると、とても多様な問題と課題が存在しています。

 

画像提供:PIXTA

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア
  • 株式会社エヌ・エフ・ユー
    株式会社エヌ・エフ・ユー
    日本福祉大学のグループ会社として、子どもから高齢者まで、誰もが住み慣れた地域で生活するうえで生じてくる生活課題の解決。あるいは、企業や団体が抱える課題に対して、当社独自で、またときには多様な関係機関・団体とともに、支援していくことをめざしています。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>