日本看護協会〈発〉

【看護職対象】日本看護協会が、新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口を開設

2020.05.0819 views

看護職を対象とした総合相談窓口のご案内

公益社団法人日本看護協会( 会長・ 福井トシ子 、会員 7 6 万人 )は 、2020年 4 月 20 日( 月)に「 新型コロナウイルス感染症に 関する看護職の相談窓口」を開設しました 。

看護職を対象に、本会Webサイト上のフォームから相談を受け付けます。 感染の拡大・まん延が長期化する中、保健医療福祉の最前線で感染予防やケアにあたる看護職に、感染管理だけでなく働き方やメンタルヘルスを含めた総合的な窓口として活用いただけます。相談には、専門的な知識を持つ感染管理認定看護師や社会保険労務士などが対応します。また、メンタルヘルスに関する相談は、日本専門看護師協議会に委託し、精神看護専門看護師が回答します。 4月上旬に開設した感染予防相談窓口は、20日以降、上記の総合窓口と統合しました。

日本看護協会では、新型コロナウイルス感染症に関する看護職への情報提供を行っています。本会のWebサイトには、感染予防および対策に関する資料や動画も掲載していますので、併せてご覧ください。

新型コロナウイルス感染症に関する看護職の相談窓口
[設置期間] 2020年4月20 日(月)10時~
[対  象] 看護職(看護協会会員 ・ 非会員問わず)
[相談/回答] 日本看護協会サイト内の窓口(フォーム から受付/メール回答)
[窓口 ページ] ホーム→新型コロナウイルス感染症関連情報
[相談区分] ①感染管理 ②働き方 ③メンタルヘルス ④その他
[対 応 者] 日本看護協会職員および専門看護師、認定看護師、社会保険労務士など
  ※ご相談内容よっては、回答までにお時間をいただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。

 

日本看護協会について

日本看護協会は、看護職(保健師・助産師・看護師・准看護師)の資格を持つ個人が自主的に加入し運営する、日本最大の看護職能団体です。47都道府県看護協会(法人会員)と連携して活動する全国組織で、現在約74万人の看護職が加入しています。個人の力だけでは解決できない看護を取り巻く課題を、組織の力で解決し、看護を発展させ、社会に貢献します。
現在、当会Webサイトにて、新型コロナウイルス感染症に関する本会の取り組みや関連する情報をご紹介しています。
詳しくはこちら>>https://www.nurse.or.jp/

※本記事は、日本看護協会様のニュースリリース利用の許諾を得た上で、中日新聞LINKEDが掲載させて頂いております。

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>