医療法人 尚徳会

入院治療と在宅療養の架け橋となる〈地域包括ケア病床〉

地域医療事情

2021.05.1810 views

最大60日の入院期間で、生活復帰をサポート。

近年、日本では超高齢社会にふさわしい医療・介護提供体制を実現するため、さまざまな制度改革が進められています。そうした改革の1つとして、2014年に誕生したのが地域包括ケア病床です。
地域包括ケア病床というのは、簡単にいえば「入院治療と在宅療養の架け橋となって繋ぐ病床」です。受入対象となるのは、主に「入院治療により病状は安定したものの、自宅や施設に帰るのは困難な患者さん」「在宅療養中に病状が悪くなった患者さん」「化学療法や介護者の負担軽減などのため、一時的な入院が必要になった患者さん」の3つ。疾患による制限はありません。入院期間は最大60日で、その間に治療やリハビリテーション、環境整備、介護・福祉サービスの導入などを行いながら、患者さん・ご家族が安心して在宅療養を行えるよう準備を進めます。
当院では、制度が始まった2014年に地域包括ケア病床を開設し、現在では15床を運用しています。地域包括ケア病床においては、身体面だけでなく経済面や社会面を含めた幅広い支援が大切です。当院においては、医師や薬剤師、看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカーなどの多職種が密に連携。地域の医療・介護・福祉事業者などとも力を合わせながら、患者さんとご家族をサポートしています。

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
キーワード:
この記事をシェア
  • 医療法人 尚徳会
    医療法人 尚徳会
    尚徳会(ヨナハ総合病院・ヨナハ産婦人科小児科病院)は、桑名・員弁地区で、産科から在宅医療まで、幅広い世代に医療を提供しています。わたしたちの使命は、医療と医療、医療と生活を不断につなぎ、安心して暮らせる地域社会づくりに貢献すること。2021年秋、ヨナハ総合病院とヨナハ産婦人科小児科病院は統合し、新たにヨナハ丘の上病院に生まれ変わります。新病院移転に向けたスローガン〈活きる、を叶える。〉を掲げ、地域の皆さまの生活を見つめ歩んでまいります。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!
(各病院への診療に関する質問・相談等はこちらではお答えできませんのでご了承ください)

>