西尾市民病院〈発〉

外来糖尿病教室を始めました/「新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策」について/ご寄付に対するお礼

NEWS & TOPICS

2020.07.17136 views

01 外来糖尿病教室を始めました

令和2年7月より、外来糖尿病教室を開催しています。これは、毎月1回、内分泌内科の医師及び、糖尿病療養指導士の資格を持つ、当院の看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士らが講師となり、外来で糖尿病教室を行うものです。第1回は、「with(ウィズ)糖尿病! 当院のフットケア外来の紹介」と題し、坂部直美看護師が講師を務めました。当院以外へ通院中の方も含め、幅広くご参加いただける会です。ぜひ、ご参加ください。

第2回 外来糖尿病教室

予約不要・参加無料
令和2年8月12日(水)午前10時~10時30分
テーマ 「夏を乗り切る! 知っておきたい糖尿病患者の熱中症対策」
担当 内分泌内科医師、管理栄養士(予定)

※新型コロナウイルス感染予防のため、マスク着用、病院入口での検温・消毒のご協力をお願いいたします。

02 「新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策」について

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言は解除されましたが、当院では、引き続き、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために、下記のような対策を実施しております。皆さまのご理解とご協力をお願い致します。

来院時のマスクの着用、こまめな手洗いや手指消毒のお願い
面会を原則禁止(※日時が記入された、面会許可証が発行されている方は除く)
来院される全ての方の体温測定の実施
正面玄関の開錠時間の変更(午前7時30分)

詳しくは当院のホームページをご覧ください。

 

03 マスク等のご寄付に対するお礼

新型コロナウイルス感染拡大でマスク等の感染防護物品の供給不足が生じている中、複数の個人・企業・団体様より、当院へマスクや防護服をはじめとしたご寄付をいただきました。皆さんの温かいご支援に心から感謝を申し上げますとともに、感染予防のために、大切に使用させていただきます。当院では、今後も地域の皆さんに安心安全な医療を提供できるよう努めてまいります。このたびは、誠にありがとうございました。

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
この記事をシェア
  • 西尾市民病院
    西尾市民病院
    西尾市民病院は、6市で構成される西三河南部西医療圏の最南部に位置する西尾市の中核病院です。二次救急病院として年間約4000件の救急搬送患者を受け入れています。急性期病棟と地域包括ケア病棟を有し、集中的な医学的管理が必要な急性期治療を担うとともに、急性期後すぐには在宅や施設へ移行することが困難な患者さんの在宅復帰を支援しています。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>