岡崎市民病院

愛知病院の緩和ケアなどの医療は、岡崎市民病院へ移行/第4回 岡崎市民病院 内科セミナーを開催

岡崎市民病院 HOSPITAL NEWS

2020.10.30238 views

HOSPITAL NEWS 01 

県が愛知病院を新型コロナ専門病院として活用。緩和ケアなどの医療は、岡崎市民病院へ移行します。

岡崎市立愛知病院は、愛知県の意向により、10月15日から新型コロナウイルス感染症の専門病院となり、愛知県へ移管する運びとなりました。岡崎市民病院は緩和ケア病棟を設置するなど、これまで愛知病院が担ってきた緩和ケアなどの医療を引き継いでまいります。当院で実施している緩和ケアについては、当院のホームページでもご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
※当院の「緩和ケアチーム」については、こちらでもご紹介しています。

緩和ケア病棟とは?

緩和ケア病棟は、がんの進行に伴う精神的な症状があり、がんを治すことを目標にした治療(抗がん剤治療やホルモン療法、放射線治療や手術など)が困難となったり、あるいは、これからの治療を希望しない方を対象としています。緩和ケア病棟と一般の病棟の違いには右記のような点があります。

1.体と心の苦痛緩和に力を注ぐ

2.苦痛を伴う検査や処置を少なくしている

3.患者さんや家族がくつろげるデイルームがある

4.面会時間の制限が少ない

5.患者さんの家族がすごしやすい設備がある

詳しくは岡崎市民病院サイトの緩和ケアをご覧ください。

 

HOSPITAL NEWS 02

[医学生対象] 第4回 岡崎市民病院 内科セミナーを開催します。

令和3年1月10日(日)に、第4回岡崎市民病院内科セミナーを開催します。このセミナーは、主に内科志望の医学部5年生を対象としたもの。ミニ講義やハンズオン、臨床推論から病院見学まで趣向を凝らした企画を用意しています。この機会に当院の〈内科〉に触れてみませんか? 医学生の皆さんのご応募をお待ちしております。

日時 令和3年1月10日(日) 午後1時〜6時30分

場所 岡崎市民病院

問い合わせ

レジデントセンター(平日:午前8時30分〜午後4時30分)

TEL 0564-66-7093

E-mail secretary@okazakihospital.jp

※都合により中止・変更となる場合があります。
※応募者多数の場合は先着順

 

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
キーワード:
この記事をシェア
  • 岡崎市民病院
    岡崎市民病院
    岡崎市民病院は、岡崎市と幸田町の人口43万人の命と健康を預かる高度急性期医療を得意とする地域中核病院です。2020年4月に愛知県がんセンター岡崎病院が岡崎市に移管され、岡崎市立愛知病院となったことに伴い、愛知病院で行ってきた専門性の高いがん診療を順次、岡崎市民病院で実施できるようにしています。今後も市民・町民のみなさまから、困ったときに頼りになる市民病院でいられるよう、体制を整えてまいります。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>