岡崎市民病院

診察待ちのモバイル呼び出しシステムの試験運用を開始しました。

岡崎市民病院 HOSPITAL NEWS

2020.03.2671 views

岡崎市民病院では、患者さんに診察までの待ち時間を有効にご活用していただくために、ご自身のモバイル(スマホ、携帯電話など)を利用して診察待ち状況を把握できるサービスを試験的に運用することになりました。待ち時間を院内のレストランで過ごしたり、自家用車内でゆっくりするなど自由に有効にご活用ください。

モバイル呼び出しシステムの特徴

診察の待ち状況がスマホ、携帯電話などで確認できます。
待ち時間が近くなるとお知らせのメールが届きます。
受診予約日の前日にお知らせメールが届きます。

ご利用の際は、受診票のQRコードをスマホ、携帯電話などで読み込んでご登録ください。

ご登録の流れ

1 QRコードを読み取り、表示されるURLを開く
2 「メール送付」をクリックし、内容変更せずにメールを送信
3 登録完了のメールが届き、登録完了
※一部、本サービスをご利用いただけない診療科(下記)がございます。
 ・小児科、眼科、放射線治療科、検査部門など

▶︎モバイル呼び出しシステムの詳細はこちら

 

中日新聞LINKED LINE〈公式〉アカウントはじめました。

ID検索
キーワード:
この記事をシェア
  • 岡崎市民病院
    岡崎市民病院
    岡崎市民病院は、岡崎市と幸田町の人口43万人の命と健康を預かる高度急性期医療を得意とする地域中核病院です。2020年4月に愛知県がんセンター岡崎病院が岡崎市に移管され、岡崎市立愛知病院となったことに伴い、愛知病院で行ってきた専門性の高いがん診療を順次、岡崎市民病院で実施できるようにしています。今後も市民・町民のみなさまから、困ったときに頼りになる市民病院でいられるよう、体制を整えてまいります。

中日新聞リンクト編集部からのお願い

皆さまからいただくコメント・ご意見が、私たちの活力になります。より良いサイトづくりのため、皆さまの投稿をお待ちしておりますので、ぜひ下記投稿欄からお気軽にコメントください!

>